2010年04月11日

85. iPad発売

皆さん、こんにちは。理系英語のティーです。

今日から新しい記事を勉強します。

Lev Grossman, Launch Pad (iPad発売),
Time April 12, 2010, p24-26 です。

-------
今日の英文

Apple has a few weapons those other companies
don't have. It has world-beating displays.
It has plenty of expertise in low power
engineering: the iPad's specs say it can
do 10 hours of Web surfing on one charge.

-------
訳例

アップル社は、他社にない武器をいくつか持っている。
世界に勝てるディスプレイがある。
低電圧の専門技術もある。
iPadの性能表によると、1回の充電で、
ウェブを10時間も見ることができる。

-------
単語

weapon 武器
company 会社
beat 負かす
display ディスプレイ
plenty たくさん
expertise 専門技術
power 電力
engineering 工学、工学技術
spec 明細(specificationの略)
charge 充電

--------------
表現メモ

・「on one charge (1回の充電で)」という表現は
 使えそうですね。
 前置詞「on」の使い方に、なるほどと思いました。

 「live on small income(少ない収入で暮らす)」とか
 「depend on (頼る)」という風に、
 何かに依存している時に使う「on」です。
 寄りかかっている感じがしますね。

・powerやchargeは、詳しくは「electric power」、
 「electric charge」ですが、電気なのは明らかなので、
 省略することが多いです。

-------------
文脈メモ

この文の後に、「アップル社は技術だけが優れているのではない」
という内容が続きます。

-----------------------
編集後記

「ビジネス・パーソンの英単語帳」が評判の関谷英里子さんが、
翻訳書を出されました。

「まさか!?─自信がある人ほど陥る意思決定8つの罠」
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4478012288/teabooks-22/ref=nosim

「ビジネス・パーソンの英単語帳」
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4887597819/teabooks-22/ref=nosim

「まさか!?」をアマゾンに注文して、今日届いたところです。
原題は、「Think Twice」です。
翻訳書の題名の方がいいですね。

「まさか」のどこにアクセントを置くかで、
関西人かどうか判定できるかも、
とふと思いました。

中身を読むのが楽しみです♪
posted by ティー at 22:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | 英語表現
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。