2010年05月29日

復習問題(陽子衝突の記事)

皆さん、こんにちは。理系英語のティーです。

今日は復習問題の日です。

理系英語ブログの表現101-103を復習してみて下さい。
http://teaenglish.seesaa.net/

-----------
復習問題

1.次の単語を英語にして下さい。

a) 物理学者
b) 陽子
c) 衝突する
d) 衝突
e) 等価な
f) 1兆
g) エネルギー
h) 実験
i)宇宙
j) 次元
k) 質量

2.次の文章を英語にして下さい。

a) 物理学者たちは、2つの陽子ビームをぶつけた。

b) 実験により、宇宙の性質がかなり解明されることが期待されている。


---------
解答

1.

a) 物理学者 physicist
b) 陽子 proton
c) 衝突する collide
d) 衝突 collision
e) 等価な equivalent
f) 1兆 trillion
g) エネルギー energy
h) 実験 experiment
i)宇宙 universe
j) 次元 dimension
k) 質量 mass

2.

a) The physicists smashed together two proton beams.

b) The experiments are expected to reveal
much about the nature of the universe.

------------
編集後記

1つ前のメルマガでご紹介しました、
「人生で大切なことはすべてプラスドライバーが教えてくれた」
について、メルマガの読者のGoさまがご感想を
ブログに書いて下さりました。
http://teabooks.seesaa.net/article/144840298.html#comment

>ティー様
>いつも理系英語メールマガジン楽しく勉強させていただいております。
>また、プレゼント企画は本当にありがとうございました。
>この本の感想ですが、読みやすく、面白かったです。
>それぞれの教訓は他の本でも読んだ事があるような内容もあったのですが、
>厳しい現場での経験を通した気付きであるため、現実感があると感じました。
>特に最近は無駄がないように考えてから、しっかり計画を立案してから動け!、
>と言われる傾向にあるように感じるのですが、作業興奮の話は日ごろ気に
>留めておくべき事と感じました。ありがとうございました。

ブログにコメントいただき、ありがとうございます。

ストーリーがおもしろくて一気に読める本です。
泣ける本なので、電車の中では読まないように。。

では♪
posted by ティー at 07:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | 復習問題

2010年05月25日

103 ビッグバン

皆さん、こんにちは。理系英語のティーです。

今日は、陽子衝突の実験で何がわかるかを勉強します。

出典は前回に引き続き、
Time April 12, 2010, pp 4,
"They've Had a Collision!" (衝突した!)です。

-----------------
今日の英文

The experiments are expected to reveal much about
the nature of the universe, including other dimensions,
dark matter and the Higgs boson, the particle that could
explain how energy from the Big Bang turned into mass.

-----------
訳例

その実験により、宇宙の性質、例えば、他の次元、ダークマター、
ヒッグス粒子などが、かなり解明できると期待されている。
ヒッグス粒子により、ビッグバンによるエネルギーが
どうやって質量になったかを説明できるかもしれない。

------------
単語の意味

experiment 実験
expect 予想する
reveal 示す
nature 本来の姿、性質
universe 宇宙
include 含む
dimension 次元
dark matter ダークマター、暗黒物質(内容メモ参照)
Higgs boson ヒッグス粒子(内容メモ参照)
Big Bang (宇宙創生時の)大爆発、ビッグバン(内容メモ参照)
mass 質量

------------
内容メモ

(1) ダークマターとは、宇宙の星間物質で、光学的に観測できない部分。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9A%97%E9%BB%92%E7%89%A9%E8%B3%AA
]
(2) ビッグバンは宇宙の最初期の爆発のこと。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%93%E3%83%83%E3%82%B0%E3%83%90%E3%83%B3

(3) ヒッグス粒子は、自発性対称性の破れからできる粒子
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%92%E3%83%83%E3%82%B0%E3%82%B9%E7%B2%92%E5%AD%90

(4) 「other dimension」というのは、「extra dimension(余剰次元)」のこと。
時間と空間の4次元空間の他にもう1つ空間次元があるという
理論が提唱されている。
たとえば、リサ・ランドールらの「warped extra dimension
(ワープした余剰次元)」がある。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AA%E3%82%B5%E3%83%BB%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%BC%E3%83%AB

-------------
編集後記

以前ご紹介しました、「人生で大切なことはすべて
プラスドライバーが教えてくれた」の
アマゾン・キャンペーンのお知らせです。

5/26(水)までにアマゾンで購入すると、
豪華PDFがもらえます。
http://plusdriver.jp/amazon/

台湾でも翻訳出版されるそうです。
将来はテレビドラマになるかも?
楽しみですね。

本のブログにメモを入れています。
http://teabooks.seesaa.net/article/144840298.html
posted by ティー at 08:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | 英語表現

2010年05月23日

102. 世界最高のエネルギー

皆さん、こんにちは。理系英語のティーです。

今日は世界最高のエネルギーについて勉強します。

出典は前回に引き続き、
Time April 12, 2010, pp 4,
"They've Had a Collision!" (衝突した!)です。

-----------------
今日の英文

Each was moving with an energy equivalent to 3.5 trillion electron volts,
for a combined 7 trillion -- a new world-record energy level.

-------------
訳例

それぞれ(の陽子ビーム)は、3.5兆電子ボルトに相当する
エネルギーで動いていた。
合計7兆電子ボルトになり、これは世界一のエネルギーレベルである。

------------
単語

equivalent 等価の
trillion 1兆(の)
electron volt 電子ボルト
combine 結合させる
record 記録
energy エネルギー

----------
表現メモ

・「equivalent to(相当する)」は便利な表現です。
 直前に「which is」が省略されています。

・「new world-record(新しい世界記録)」も使えそうです。

----------
内容メモ

・電子ボルトは、電子1個が電圧1ボルトの空間で得るエネルギーです。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%9B%BB%E5%AD%90%E3%83%9C%E3%83%AB%E3%83%88

・CERNの実験についての写真入りの記事は例えば、
http://www.astroarts.co.jp/news/2010/04/02lhc/index-j.shtml

----------
雑談

昔、物理の大学院入試の面接で聞かれた質問の1つが、
「1eV (電子ボルト)は絶対温度で何度に相当するか?」。
でした。電子ボルトはエネルギーの単位として、よく使います。

-----------
編集後記

昨日土曜は、いとこ会を企画しました。
8名で豊田のイタリアンレストランでランチの後、
薬草園見学、うちでお茶でした。
仙台や京都からも集まり、楽しかったです。

豊田駅(JR中央線)近くのイタリアンレストラン:おいしいです。
ピッコロレガーロ
http://r.gnavi.co.jp/a277100/

薬草園:都心から離れてゆっくりできます。
日曜祝日は閉園なので、平日か土曜にどうぞ。
http://www.toyaku.ac.jp/Plant/index_j.html
posted by ティー at 06:53 | Comment(13) | TrackBack(0) | 英語表現

2010年05月21日

101.陽子ビームの衝突

皆さん、こんにちは。理系英語のティーです。

今日から新しい記事を勉強します。
Time April 12, 2010, pp 4, "They've Had a Collision!" (衝突した!)です。

-----------------
今日の英文

On March 30, physicists at the Large Hadron Collider
smashed together two proton beams.

-------------
訳例

3月30日、大型ハドロン衝突型加速器の物理学者たちは、
2つの陽子ビームを衝突させた。

-----------------
単語

physicist 物理学者
hadron ハドロン(強い相互作用をする粒子)
collide 衝突させる
smash 打ち壊す、激突させる
proton 陽子、プロトン
beam ビーム、光線

------------------
表現メモ

・「衝突する」は「collide」、「衝突」は「collision」です。
 この文では、同じ単語を避けるために、「smash(激突させる)」を
 使っています。

------------------
内容メモ

・Timeの記事によると、直径8.5kmの大きい円盤状の装置を
 スイスの地下90mに作っています。
 反対方向の粒子ビームをぶつけています。

・大型ハドロン衝突型加速器の詳しい説明は、
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A7%E5%9E%

・ハドロンは、強い相互作用をする粒子の総称です。
 陽子や中性子も含まれます。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8F%E3%83%89%E3%83%AD%E3%83%B3

・陽子(プロトン)は原子核を構成する、正の電荷を持った粒子です。
http://www.weblio.jp/content/%E9%99%BD%E5%AD%90
8B%E3%83%8F%E3%83%89%E3%83%AD%E3%83%B3%E8%A1%9D%E7%AA%81%E5%9E%8B%E5%8A%A0%E9%80%9F%E5%99%A8

-----
編集後記

マキャベリの「君主論」を読んで、メモをブログに入れました。
http://teabooks.seesaa.net/article/150071210.html

ビジネス書に引用されることの多い「君主論」は、
名言があちこちにあります。

偶然だけで地位を得た者は、地位の維持が大変、
苦労して地位を得た者は、維持がそれほど困難ではない。

なるほどと思いました。

では♪
posted by ティー at 06:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | 英語表現

2010年05月16日

復習問題(環境化学物質の記事)

皆さん、こんにちは。理系英語のティーです。

今日は復習問題の日です。

まずは、理系英語ブログの英語表現98-100を
復習してみて下さい。

----------
復習問題

1.次の単語を英語にして下さい。

a) 金属 
b) ヒ素
c) 殺虫剤
d) 燃料
e) 成分
f) 内分泌系
g) 飲み物
h) 容器
i) 製品

2.次の文章を英語にして下さい。

1) 最近のバイオモニタリングの調査の結果、
アメリカ人の体内に212種類の環境化学物質が見つかった。

2) それらの化学物質は、繊細な内分泌系をかく乱する可能性がある。

--------
解答

1.
a) 金属 metal
b) ヒ素 arsenic
c) 殺虫剤 pesticide
d) 燃料 fuel
e) 成分 ingredient
f) 内分泌系 endocrine system
g) 飲み物 beverage
h) 容器 container
i) 製品 product

2.

1) A recent biomonitoring survey found traces of
212 environmental chemicals in Americans.

2) Those chemicals may disrupt the delicate
endocrine system.

-----------------------
編集後記

今日は本をご紹介します。

齊藤正明さんの「欠点を直さずに幸せに生きる方法」です。
本のブログにメモを入れています。
http://teabooks.seesaa.net/article/150038126.html

齊藤さんの前著「会社人生で必要な知恵はすべて
マグロ船で学んだ」に続き、今度は虫の実例を随所に書いていて、
おもしろいです。

齊藤さんは、会議ファシリテーションのコンサルタントとして
活躍されています。

私が勤務する大学でも、教員向けのセミナーの講師を
6月にお願いしています。

「マグロ船式会議ドリル」という本を6月に出版されるそうです。
http://business.nifty.com/kaigi_drill/
おもしろそうですね♪

-----
アマゾンへのリンク:
「会社人生で必要な知恵はすべてマグロ船で学んだ」
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4839930201/teabooks-22/ref=nosim

「欠点を直さずに幸せに生きる方法」
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4763199765/teabooks-22/ref=nosim
posted by ティー at 10:24 | Comment(2) | TrackBack(0) | 復習問題

2010年05月12日

100. ビスフェノールA

皆さん、こんにちは。理系英語のティーです。

今日はBPA(ビスフェノールA)が何に使われているかを
勉強します。

出典は、前回に引き続き、
Brian Walsh, The Perils of Plastic (プラスチックの危険性),
Time April 12, 2010, pp32-38 です。

----------
今日の英文

BPA has been used since the 1940s to harden the
polycarbonate plastics and make epoxy resins,
used in the lining of food and beverage containers,
among other products.

------------
訳例

BPA(ビスフェノールA)は、
ポリカーボネートのプラスチックを硬くしたり、
エポキシ樹脂を作るために、
1940年代から使用されている。
これらの樹脂は、いろいろな製品、特に
食品や飲料水の容器の内側に使われている。

-----------
単語の意味

BPA  ビスフェノールA(bisphenol A)の略
harden 硬くする
polycarbonate ポリカーボネート
plastic プラスチック、合成樹脂
epoxy エポキシの
resin 樹脂
lining 裏打ち、内面
food 食物
beverage 飲み物
container 容器
product 製品

----------
化学メモ

・ビスフェノールAの説明は、
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%93%E3%82%B9%E3%83%95%E3%82%A7%E3%83%8E%E3%83%BC%E3%83%ABA

・ポリカーボネートは、カーボネート基(-O-(C=O)-O-) で結合していて、
 熱可塑性プラスチックの1つ。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9D%E3%83%AA%E3%82%AB%E3%83%BC%E3%83%9C%E3%83%8D%E3%83%BC%E3%83%88

・エポキシ樹脂は、エポキシ基で架橋ネットワークを作る熱硬化性樹脂の総称。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A8%E3%83%9D%E3%82%AD%E3%82%B7%E6%A8%B9%E8%84%82

 エポキシ基は3員環のエーテルを含む。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A8%E3%83%9D%E3%82%AD%E3%82%B7%E5%9F%BA

-------------
編集後記

今日はブログをご紹介します。

弁護士の白川敬裕さんのブログで、
地道な努力が必要なことを書かれています。
http://ameblo.jp/shirakawa-takahiro/entry-10530537454.html

英語の勉強も、すぐに効果が出ないことがありますが、
毎日少しずつでも勉強することが大事です。

では♪
posted by ティー at 22:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | 英語表現

2010年05月10日

プロフィール

大阪生まれ、京都育ち。東京大学卒。
大学院在学中に英検1級と
通訳ガイド試験(英語)に合格。
TOEIC975点。アメリカで研究員2年。
国立大学准教授を経て、現在は
東京都内の理系私立大学教授。理学博士。

英語の苦手な大学院生の英語プレゼン力を
飛躍的にアップさせる。
国際会議で優秀発表賞を受賞した大学院生もいる。
理系英語の本を執筆中。

連絡先は、
tea330(at mark)mail.goo.ne.jp
posted by ティー at 16:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | その他

2010年05月08日

99.内分泌かく乱物質

皆さん、こんにちは。理系英語のティーです。

今日は内分泌かく乱物質(環境ホルモン)について学びます。

出典は、前回に引き続き、
Brian Walsh, The Perils of Plastic (プラスチックの危険性),
Time April 12, 2010, pp32-38 です。

----------
今日の英文

Chemicals like bisphenol A (BPA) and phthalates --
key ingredients in modern plastics -- may disrupt
the delicate endocrine system, leading to
developmental problems.

-----------
訳例

ビスフェノールA(BPA)やフタル酸の化合物のような化学薬品は、
現代の合成樹脂の重要な成分であるが、
繊細な内分泌系をかく乱して、
発達上の問題を起こすことがある。

------------
単語の意味

chemical 化学薬品、化学製品
bisphenol A ビスフェノールA (下の解説参照)
phthalate フタル酸(下の解説参照)
ingredient 成分
plastic プラスチック、合成樹脂
disrupt 崩壊させる、分裂させる
delicate 繊細な
endocrine 内分泌の
developmental 発達上の

------------
表現メモ

・「leading to (○○を引き起こす)」は使えそうな表現ですね。
------------
化学メモ

・ビスフェノールAは、ベンゼン環に水酸基(-OH)が付いたフェノールが
 2つ入っている化合物です。構造式は、
 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%93%E3%82%B9%E3%83%95%E3%82%A7%E3%83%8E%E3%83%BC%E3%83%ABA
 樹脂の材料になります。

・フタル酸は、ベンゼン環にカルボキシル基(-COOH)が2個付いています。
 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%BF%E3%83%AB%E9%85%B8

 フタル酸とアルコールが結合してできるフタル酸エステルが
 樹脂の材料になります。

----------
生物学メモ

・分泌は、細胞の中から外へ物質を出すこと。
 内分泌とは、細胞から血管に物質を出すこと。(「内」は血管のこと。)
 内分泌学はホルモンを扱うことが多い。
 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%86%85%E5%88%86%E6%B3%8C%E5%AD%A6

・内分泌かく乱物質は、環境中にある化学物質で、
 ホルモンのような作用があったり、ホルモンの作用を阻害するもの。

 内分泌かく乱物質の通称として、「環境ホルモン」を使うことがある。
 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%86%85%E5%88%86%E6%B3%8C%E6%94%AA%E4%B9%B1%E7%89%A9%E8%B3%AA

・ホルモンは、動物体内の決まった器官で合成・分泌され、
 体液を通って循環し、決まったっ器官で効果を発揮する生理活性物質。
 体液中の濃度は微量。
 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9B%E3%83%AB%E3%83%A2%E3%83%B3

・生理活性物質は、以下でどうぞ。
 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%94%9F%E7%90%86%E6%B4%BB%E6%80%A7

--------------
編集後記

野瀬大樹さんと野瀬裕子さんが「貯金革命」を出版されました。
本のメモをブログに入れました。
http://teabooks.seesaa.net/article/149193352.html

お金の使い方を見直したい人にお勧めの本です。
posted by ティー at 08:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | 英語表現

2010年05月03日

98. バイオ・モニタリング

皆さん、こんにちは。理系英語のティーです。

今日から新しい記事を勉強します。

出典は、Brian Walsh, The Perils of Plastic (プラスチックの危険性),
Time April 12, 2010, pp32-38 です。

今日の英文はやや長めですが、構文は易しいです。

----------
今日の英文

A recent biomonitoring survey by the Centers
for Disease Control and Prevention (CDC) found traces
of 212 environmental chemicals in Americans --
including toxic metal like arsenic and cadmium, pesticides,
flame retardants and even perchlorate, an ingredient
in rocket fuel.

------------
訳例

CDC(アメリカ疾病予防センター)による
最近のバイオモニタリングの調査の結果、
アメリカ人から212種類の環境化学物質が見つかった。
その中には、ヒ素やカドミウムのような有害金属や、
殺虫剤、火災遅延剤、ロケット燃料の成分である過塩素酸まで
含まれていた。

------------
単語の意味

recent 最近の
biomonitoring バイオモニタリング(生物を使った計測)
survey 調査
Centers for Disease Control and Prevention アメリカ疫病予防センター
trace 形跡
environmental 環境の
chemical 化学の
toxic 有毒な
metal 金属
arsenic ヒ素(元素記号はAs)
cadmium カドミウム(元素記号はCd)
pesticide 農薬、殺虫剤
flame 火災
retardant 遅延剤、抑制剤
perchlorate 過塩素酸塩 (化学式ではClO4)
ingredient 成分
rocket ロケット
fuel  燃料

------------
発音メモ

・cadmiumのアクセントは第1音節「キャ」にあります。

------------
構文メモ

・この文の骨格は、「A survey found traces」です。

------------
内容メモ

・アメリカ疾病予防センター(CDC)の解説は、
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%A1%E3%83%AA%E3%82%AB%E7%96%BE%E7%97%85%E4%BA%88%E9%98%B2%E7%AE%A1%E7%90%86%E3%82%BB%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%BC

 CDCのホームページは、
 http://www.cdc.gov/
 いろいろな病気の解説が載っているようです。

・バイオモニタリングは、生物を使って汚染などを計測します。
 たとえば、

 日本海のバイオモニタリング -- 生物からみた海洋汚染--
 http://www.nihonkaigaku.org/04f/i041016/t3.html

-----------
編集後記

最近購読しているメルマガをご紹介します。
知人で投資スクールを経営されている後藤寛さんの「オレオーラ通信」です。
https://f.msgs.jp/webapp/form/10765_byp_16/index.do

私は投資のことはよくわかりませんが、
メルマガの編集後記でいい本が紹介されていることがあり、
楽しみです。

posted by ティー at 21:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 英語表現

2010年05月02日

復習問題(HPの記事)

皆さん、こんにちは。理系英語のティーです。

今日は復習問題の日です。

まずは理系英語ブログの英語表現94-97を復習してみて下さい。
http://teaenglish.seesaa.net/

------------------
復習問題

1.次の単語を英語にして下さい。

a) 伝説的な
b) 企業文化
c) 統合する
d) 顧客

2.次の文章を英語にして下さい。

a) データは、ちょうど今、皆が注目しているものである。

b)顧客は印刷・計算・接続・技術サポートのニーズなど
 全てを1箇所で満たすことができる。

--------
解答


a) 伝説的な legendary
b) 企業文化 corporate culture
c) 統合する integrate
d) 顧客 customer


a) Data is what everyone is eying at the moment.

b) Customers can fulfill all their printing, computing,
connectivity and tech-support needs in one stop.

------------
編集後記

先日ご紹介しました「Me2.0」を読み始めています。
twitterの次はfacebookらしい、ということで、
facebookを始めました。

おもしろそうなPDFがもらえる「Me2.0」キャンペーンは、
http://eliesbrand.com/

「Me2.0」のアマゾンのページへ。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4822248054/teabooks-22/ref=nosim


posted by ティー at 21:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | 復習問題

2010年05月01日

97. HP社の目標

皆さん、こんにちは。理系英語のティーです。

今日はHP社の目標を勉強します。

出典は前回と同じく、
Kathleen Kingsbury, 「HP vs. Everybody (HP社と他社の対決)」,
Time pp 43-44, April 26, 2010です。
http://www.time.com/time/magazine/article/0,9171,1982318,00.html

----------
今日の英文

His goal? To integrate HP's operations so fully that
its customers could fulfill all their printing, computing,
connectivity and tech-service needs in one stop.

----------
訳例

彼(HP社のCOE)のゴールは何か。
HPのオペレーションを完全に1つに統合して、
顧客が、印刷・計算・接続・技術サポートのニーズなど
全てを1回で満たすことができるようになることだ。

-----------
英単語の意味

integrate 統合する
operation オペレーション
fully 完全に
customer 顧客
fulfill 満たす
printing 印刷
computing 計算
connectivity 接続
tech-service 技術サポート
need  ニーズ

---------------
文章メモ

「His goal? To integrate...」という表現は使えそうですね。
完全な文章にすると、「His goal is to integrate ..」
になりますが、こういう風に、「His goal?」と書くとインパクトが
あります。

・「so A that B (非常にAなのでBである)」の構文が入っています。

-------------------
編集後記

今朝は「待ち時間革命」という本を読みました。
メモを本のブログに入れてあります。
http://teabooks.seesaa.net/article/148388862.html

「待つ」ことに関する文化論がおもしろいです。

創造には「待つ」時間が必要、
待つことによって症状が落ち着き、よい診断ができる場合もある、
面談スキルを向上させて短い時間でも「よく聴いてくれた」と
思ってもらうなど、なるほどと思う点が多かったです。
お勧めの本です。

アマゾンでの購入は、
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4535983259/teabooks-22/ref=nosim

----------------------
posted by ティー at 09:38 | Comment(2) | TrackBack(0) | 英語表現
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。