2010年05月01日

97. HP社の目標

皆さん、こんにちは。理系英語のティーです。

今日はHP社の目標を勉強します。

出典は前回と同じく、
Kathleen Kingsbury, 「HP vs. Everybody (HP社と他社の対決)」,
Time pp 43-44, April 26, 2010です。
http://www.time.com/time/magazine/article/0,9171,1982318,00.html

----------
今日の英文

His goal? To integrate HP's operations so fully that
its customers could fulfill all their printing, computing,
connectivity and tech-service needs in one stop.

----------
訳例

彼(HP社のCOE)のゴールは何か。
HPのオペレーションを完全に1つに統合して、
顧客が、印刷・計算・接続・技術サポートのニーズなど
全てを1回で満たすことができるようになることだ。

-----------
英単語の意味

integrate 統合する
operation オペレーション
fully 完全に
customer 顧客
fulfill 満たす
printing 印刷
computing 計算
connectivity 接続
tech-service 技術サポート
need  ニーズ

---------------
文章メモ

「His goal? To integrate...」という表現は使えそうですね。
完全な文章にすると、「His goal is to integrate ..」
になりますが、こういう風に、「His goal?」と書くとインパクトが
あります。

・「so A that B (非常にAなのでBである)」の構文が入っています。

-------------------
編集後記

今朝は「待ち時間革命」という本を読みました。
メモを本のブログに入れてあります。
http://teabooks.seesaa.net/article/148388862.html

「待つ」ことに関する文化論がおもしろいです。

創造には「待つ」時間が必要、
待つことによって症状が落ち着き、よい診断ができる場合もある、
面談スキルを向上させて短い時間でも「よく聴いてくれた」と
思ってもらうなど、なるほどと思う点が多かったです。
お勧めの本です。

アマゾンでの購入は、
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4535983259/teabooks-22/ref=nosim

----------------------
posted by ティー at 09:38 | Comment(2) | TrackBack(0) | 英語表現
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。