2010年05月12日

100. ビスフェノールA

皆さん、こんにちは。理系英語のティーです。

今日はBPA(ビスフェノールA)が何に使われているかを
勉強します。

出典は、前回に引き続き、
Brian Walsh, The Perils of Plastic (プラスチックの危険性),
Time April 12, 2010, pp32-38 です。

----------
今日の英文

BPA has been used since the 1940s to harden the
polycarbonate plastics and make epoxy resins,
used in the lining of food and beverage containers,
among other products.

------------
訳例

BPA(ビスフェノールA)は、
ポリカーボネートのプラスチックを硬くしたり、
エポキシ樹脂を作るために、
1940年代から使用されている。
これらの樹脂は、いろいろな製品、特に
食品や飲料水の容器の内側に使われている。

-----------
単語の意味

BPA  ビスフェノールA(bisphenol A)の略
harden 硬くする
polycarbonate ポリカーボネート
plastic プラスチック、合成樹脂
epoxy エポキシの
resin 樹脂
lining 裏打ち、内面
food 食物
beverage 飲み物
container 容器
product 製品

----------
化学メモ

・ビスフェノールAの説明は、
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%93%E3%82%B9%E3%83%95%E3%82%A7%E3%83%8E%E3%83%BC%E3%83%ABA

・ポリカーボネートは、カーボネート基(-O-(C=O)-O-) で結合していて、
 熱可塑性プラスチックの1つ。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9D%E3%83%AA%E3%82%AB%E3%83%BC%E3%83%9C%E3%83%8D%E3%83%BC%E3%83%88

・エポキシ樹脂は、エポキシ基で架橋ネットワークを作る熱硬化性樹脂の総称。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A8%E3%83%9D%E3%82%AD%E3%82%B7%E6%A8%B9%E8%84%82

 エポキシ基は3員環のエーテルを含む。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A8%E3%83%9D%E3%82%AD%E3%82%B7%E5%9F%BA

-------------
編集後記

今日はブログをご紹介します。

弁護士の白川敬裕さんのブログで、
地道な努力が必要なことを書かれています。
http://ameblo.jp/shirakawa-takahiro/entry-10530537454.html

英語の勉強も、すぐに効果が出ないことがありますが、
毎日少しずつでも勉強することが大事です。

では♪
posted by ティー at 22:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | 英語表現
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。