2010年06月20日

復習問題(火山の記事)

皆さん、こんにちは。理系英語のティーです。

今日は復習問題の日です。

理系英語ブログで、英語表現104-108を復習してみて下さい。
http://teaenglish.seesaa.net/

------------------
復習問題

1.次の単語を英語にして下さい。

1) 火山
2) 火山の
3) 山
4) 山頂

5) 爆発する
6) 噴火
7) 噴煙(ふんえん)
8) 溶岩
9) 粒子

10) 風
11) 大気
12) 圧力
13) 惑星
14) 島

15) 水
16) 氷
17) 氷帽(ひょうぼう)
18) 氷河
19) 氷河の

2.次の文章を英語にして下さい。

1) 火山の頂上にある氷河の重みで、
 内部のマグマが高圧になった。

2) 氷が溶けてできた冷たい水が、
 溶岩を急速に冷却した。

------------
解答

1) 火山 volcano
2) 火山の volcanic
3) 山 mountain
4) 山頂 peak

5) 爆発する explode
6) 噴火 eruption
7) 噴煙(ふんえん) plume
8) 溶岩 lava
9) 粒子 particle

10) 風 wind
11) 大気 atmosphere
12) 圧力 pressure
13) 惑星 planet
14) 島 island

15) 水 water
16) 氷 ice
17) 氷帽(ひょうぼう) ice cap
18) 氷河 glacier
19) 氷河の glacial

2.

1) The weight of the glacier atop the volcano
helped the magma inside build to a high pressure.

2) The cold water from the melted ice
quickly chilled the lava.


------------
編集後記

昨日土曜は、この理系英語メルマガの読者の★Careerfemさんと
南大沢でお茶しました。

初対面でしたが2時間、びっしりお話できて、楽しかったです。

主な話題は、

「中学校で数学・理科がわからなくなる生徒が多いが、
どんな勉強をすればよいか?」、

「自分を超えていく子供に嫉妬心を感じる親、
嫉妬心を乗り越える親」

などでした。

★Careerfemさんのブログは、
http://www4.atword.jp/nap/archives/205

では♪

posted by ティー at 10:32 | Comment(2) | TrackBack(0) | 復習問題

2010年06月17日

108.溶岩の冷却

皆さん、こんにちは。理系英語のティーです。

今日は、溶岩が細かいガラス状の粒子になる現象を学びます。

出典は前回に続き、Bryan Walsh,
The Cloud That Closed A Continent (大陸を封鎖した雲),
Time May 3, 2010, pp12-17です。

-----------
今日の英文

The cold water from the melted ice quickly
chilled the lava, fragmenting it into tiny glass
particles that could be carried away in the plume.

-----------
訳例

氷が溶けてできた冷たい水が、溶岩を急速に冷却して
小さなガラス状の粒子に分解し、
噴煙と一緒に運べるようになった。

-----------
単語の意味

cold 冷たい
water 水
melt 溶ける
ice 氷
chill 冷やす
lava 溶岩 
fragment 破片にする
tiny 小さな
glass ガラス
particle 粒子
carry away 持ち去る
plume 噴煙(ふんえん)

-----------
内容メモ

溶岩が細かいガラス状粒子になる現象については、たとえば

http://wwwsoc.nii.ac.jp/kazan/J/QA/sr/qa-223.html
http://www.pacificresorts.com/webkawaraban/special/021121/

をご覧下さい。

------------
編集後記

今日は理系英語メルマガの読者の★Careerfemさんが
発行されているメルマガをご紹介します。

「わが子は就活勝ち組☆母子家庭でも一流上場
企業総合職に就職できるルートと方法」
http://www4.atword.jp/nap/archives/205

方法はメルマガで順次公開されるそうで、楽しみですね。

「理系」もポイントだそうで、このメルマガの読者の皆様も
ご興味あるかもしれません。

メルマガの登録は、
http://www4.atword.jp/nap/

では♪
posted by ティー at 08:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | 英語表現

2010年06月14日

107. 高圧のマグマ

皆さん、こんにちは。理系英語のティーです。

今日は、高圧のマグマについて勉強します。

出典は前回に続き、Bryan Walsh,
The Cloud That Closed A Continent (大陸を封鎖した雲),
Time May 3, 2010, pp12-17です。

-----------
今日の英文

The weight of the glacier atop the volcano helps
the magma inside build to a high pressure,
so on April 14, when the mountain had its second
eruption, it blew with enough force to send
volcanic gases and ash miles into the sky.

-----------
訳例

火山の頂上にある氷河の重みで、
内部のマグマが高圧になった。
そのため、4月14日に、山が2度めに噴火した時、
大きな力で吹き飛び、火山ガスや火山灰が空中に
何マイルも先まで送られた。
------------
単語の意味

weight 重量
glacier 氷河
atop ○○の頂上に
volcano 火山
magma マグマ
inside 内部に
pressure 圧力
mountain 山
eruption 噴火
blew 吹く(blow)の過去形
force 力
volcanic 火山の
gas 気体
ash 灰
mile マイル(1.6km)
sky 空

-------------
構文メモ

・最初の文の構造は、「The weight helps the magma build」です。
 「help + 動詞原型」の構文です。

・最後の部分の「enough ○○ to 動詞」は使えそうな構文です。

------------
編集後記

昨日日曜は、家の本箱の掃除をしました。
いらない本はブックオフに送る箱の中に入れて、
だいぶすっきりしました。

掃除の前に読むと、片付けがはかどる本は、

Clear Your Clutter With Feng Shui
http://teabooks.seesaa.net/article/24015659.html

英語が読みやすいので、ご興味のある方はどうぞ。

では♪
posted by ティー at 05:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | 英語表現

2010年06月11日

106.火山の頂上

皆さん、こんにちは。理系英語のティーです。

今日は、火山の頂上部分について勉強します。

出典は前回に続き、Bryan Walsh,
The Cloud That Closed A Continent (大陸を封鎖した雲),
Time May 3, 2010, pp12-17です。

-----------
今日の英文

Eyjafjallajokulll means "island mountain glacier"
in Icelandic, and the top of the ice cap covers
the volcano's peak.

-----------
訳例

エイヤフィヤトラヨークトルは、アイスランド語で、
「島の山の氷河」を意味している。
この火山の頂上を、氷帽の上部が覆っている。

-----------
単語の意味

Eyjafjallajokulll エイヤフィヤトラヨークトル(アイスランドの山の名前)
island 島
mountain 山
glacier 氷河
Icelandic アイスランド語
ice cap 氷帽
cover 覆う
volcano 火山
peak 山頂

-----------
発音メモ

・名詞「火山」は「volcano」、発音は「ヴォルケイノウ」、
 アクセントは、「ca」です。
 前回の例文で出た、形容詞「火山の」は「volcanic」、
 アクセントは同じく「ca」ですが、
 発音は「ヴォルキャニック」。

------------
編集後記

今日は、京王相模原線の通勤電車の中からの投稿を
試してみます。皆さんにメルマガが配送されるのは、
もっと後の時間になると思いますが。

では♪
posted by ティー at 08:18 | Comment(2) | TrackBack(1) | 英語表現

2010年06月06日

105. 風の向き

皆さん、こんにちは。理系英語のティーです。

今日は風の向きについて勉強します。

出典は前回に続き、Bryan Walsh,
The Cloud That Closed A Continent (大陸を封鎖した雲),
Time May 3, 2010, pp12-17です。

-----------
今日の英文

And then, as if on cue,
the winds shifted, blowing to the
east and south, sending the tower of
ash toward northern Europe and some of
the most crowded airspace on the planet.

-------------
訳例

すると、まるで合図をしたように、
風向きが変わり、南東方向に風が吹くようになった。
そのため、北ヨーロッパや、地球上で一番混雑している空域に
向かって、大量の灰が運ばれた。


-----------
単語の意味

cue 合図
wind 風
shift 移る
blow 風が吹く
east 東
south 南
tower 塔 
ash 灰
northern 北の
Europe ヨーロッパ
airspace 空間、空域
planet 惑星(地球を指す)

-----------
表現メモ

・「The wind shifted to the east.(風向きが東に変わった)」は
 使えそうな表現です。
 この記事の文章では、「The winds shifted, blowing to the east.」
 という風に「blowing to」を加えています。

・「send A toward B (AをBの方へ送る)」も役立ちそうです。

-------------
編集後記

KiPSYのデジカメ入門講座に行ってきました。
http://ameblo.jp/kamera-no-chikara/entry-10546008257.html

たくさん写真を撮って、楽しかったです。

「ズームするよりも、一歩踏み込んで撮る」、
「光よりも影に注目」、なるほどと思いました。

お勧めの講座です。
posted by ティー at 22:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 英語表現

2010年06月04日

104. 火山の爆発

皆さん、こんにちは。理系英語のティーです。

今日から新しい記事を勉強します。
テーマは火山の噴火です。

Bryan Walsh, The Cloud That Closed A Continent (大陸を封鎖した雲),
Time May 3, 2010, pp12-17です。

-----------
今日の英文

On April 14, a new and stronger eruption on Eyjafjallajokull
exploded through a glacial ice cap, throwing a vast plume
of volcanic ash around 7 miles (11 km) into the atmosphere,
high enough to be carried for thousands of miles.

----------
訳例

4月14日、エイヤフィヤトラヨークトル火山で
氷河の氷帽を通って、強い噴火が新たに起こった。
その結果、火山灰の大きな噴煙が
大気中に7マイル(11km)の高さまで飛び、
数千マイルの距離に運ばれて行った。

---------
単語の意味

eruption 噴火
Eyjafjallajokull エイヤフィヤトラヨークトル(火山の名前)
explode 爆発する
glacial 氷の、氷河の
ice cap 氷帽、氷冠  内容メモ参照
vast 広大な
plume 羽毛、噴煙(ふんえん) 内容メモ参照
volcanic 火山
ash 灰
atmosphere 大気
thousand 千
mile マイル (1.6km)

------------
内容メモ

・「ice cap (氷帽、氷冠)」は、陸地を覆う、5万平方km未満の
氷河の塊のこと。
詳細は、
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B0%B7%E5%B8%BD

・「plume (噴煙)」とは、火山の火口から吹き上がる煙のこと。
http://www.mr.hkd.mlit.go.jp/mrken_works/chisui/tarumae/kazan/15_07funen.html

・4月のアイスランドの噴火の詳細については、
http://ja.wikipedia.org/wiki/2010%E5%B9%B4%E3%81%AE%E3%82%A8%E3%82%A4%E3%83%A4%E3%83%95%E3%82%A3%E3%83%A4%E3%83%88%E3%83%A9%E3%83%A8%E3%83%BC%E3%82%AF%E3%83%88%E3%83%AB%E3%81%AE%E5%99%B4%E7%81%AB

-------
記事のメモ

今回からの記事の著者のBryan Walshさんは、
以前ご紹介したヒマラヤの氷河の記事も書かれています。

http://teaenglish.seesaa.net/article/138252883.html

雄大な情景の描写がとても上手です。
こんな英語が書けるようになったら、すごいですね。
posted by ティー at 22:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | 英語表現
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。