2010年09月20日

復習問題:心臓病の薬の記事

皆さん、こんにちは。理系英語のティーです。

今日は復習問題の日です。

まずは、理系英語表現114-119を復習してみて下さい。
http://teaenglish.seesaa.net/

------------
復習問題

1.次の単語を英語にして下さい。


1) 薬
2) 薬剤
3) 処方する
4) 処方箋
5) 治療
6) 副作用
7) 重量
8) ホルモンの変動


9) 動脈
10) 心臓発作
11) 脳卒中
12) 糖尿病
13) 物忘れ
14) 筋肉痛

15) 証拠
16) 恩恵
17) 結果
18) 理由
19) 役割
20) 危険性
21) 性別

------
2.次の日本語を英語にして下さい。

1) スタチンが女性の心臓病を防止するという証拠は
ほとんどない。

2) 女性は男性よりも、それらの薬の強い副作用を受けやすい。
 副作用には、物忘れ、筋肉痛、糖尿病などがある。

------------------
解答

1) 薬 drug
2) 薬剤 medicine
3) 処方する prescribe
4) 処方箋 prescription
5) 治療 treatment
6) 副作用 side effect
7) 重量 weight
8) ホルモンの変動 hormonal fluctuation


9) 動脈 artery
10) 心臓発作 heart attack
11) 脳卒中 stroke
12) 糖尿病 diabetes
13) 物忘れ memory loss
14) 筋肉痛 muscle pain

15) 証拠 evidence
16) 恩恵 benefit
17) 結果 result
18) 理由 reason
19) 役割 role
20) 危険性 risk
21) 性別 gender

----
2 訳例

1) There is little evidence that statins prevent
heart disease in women.

2) Women are more likely than men to suffer
the drugs' serious side effects, which can include
memory loss, muscle pains and diabetes.

---------------
編集後記

仙台に来ています。
昨日は駅の近くで20分ほどジョギングしました。
夜のジョギング、気持ちいいですね。

では。
posted by ティー at 16:28 | Comment(4) | TrackBack(0) | 復習問題

2010年09月19日

119.理由を述べる2

皆さん、こんにちは。理系英語のティーです。

今日は、前回に引き続き、理由を述べる表現を学びます。

出典は、前回と同じく、Catherine Elton,
"The Prescription Gender Gap" (薬の男女差),
Time, March 29, 2010, pp32-33 です。
http://www.time.com/time/magazine/article/0,9171,1973295,00.html

---------------
今日の英文

Researchers don't know why women are more likely than men
to suffer side effects from statins and many other drugs
but posit that lower body weight and hormonal fluctuations
play a role.

---------------
訳例

なぜ女性が男性よりも、スタチンや多くの薬の副作用を
強く受けるのか、研究者たちは知らない。
だが、体重の軽さやホルモンの変動が影響していると考えている。

------------------
単語の意味

researcher 研究者
likely (to do) しやすい
suffer 経験する、こうむる
side effect 副作用
drug 薬
posit 肯定的に仮定する、断定する
weight 重量、体重
hormonal ホルモンの
fluctuation 変動
role 役割

--------------
表現メモ

・原因が確定されていないけれど、可能性をいくつか挙げる時に、
 「play a role」は使えそうです。

・副作用がある場合に、英文のように、動詞「suffer」を
 使うことができます。

----------------
編集後記

今週は学会のため札幌に行ってきました。

学会の前日の晩は、現地のパレエ教室の
無料体験レッスンに行ってみました。

札幌の元気な女性の皆さんと一緒に踊って、
楽しかったです。

ぐっすり寝て、翌日の学会に備えました。

北海道大学のキャンパスは広くて気持ちいいです。
キャンパスや生協ランチの写真はこちらに入れました。
http://teaimplement.seesaa.net/article/162966627.html

では♪
posted by ティー at 06:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 英語表現

2010年09月17日

118. 理由を述べる

皆さん、こんにちは。理系英語のティーです。

今日は、理由を述べる表現を学びます。

出典は、前回と同じく、Catherine Elton,
"The Prescription Gender Gap" (薬の男女差),
Time, March 29, 2010, pp32-33 です。
http://www.time.com/time/magazine/article/0,9171,1973295,00.html

---------------
今日の英文

Why statins fail to show equal benefits for men and women
is unclear, but one reason may be that women are simply
at lower risk of heart disease than men.
You would need a powerful treatment to lower an already
low risk.

--------------
訳例

なぜスタチンが、男性と女性で同じ効果を示さないのか不明であるが、
単に女性が男性よりも心臓病になるリスクが低いことが理由かもしれない。
既に低いリスクをさらに下げるには、かなり強力な治療が必要になる。

-----------------
単語の意味

statin スタチン(薬の名前)-> 後ろの理系用語解説もどうぞ。
fail (to do) 失敗する、できない
equal 等しい、同等な
benefit 利益、恩恵
reason 理由
simply 単に
risk 危険性
heart disease 心臓病
powerful 効果的な、効能のある
treatment 処置、治療

--------------------
表現メモ

・理由がはっきりしていなくて、推測する場合に
今日の表現が使えます。
「Why .. is unclear, but one reason may be that ...」です。

・リスクが低い時の言い方は、「be at lower risk of 名詞」です。

・「lower an already low risk(既に低いリスクをさらに低くする)」も
 使えそうですね。

・最初の「fail to show (○○を示さない)」も使えそうです。
 「do not show」を使いがちですが、「fail to show」の表現を
 覚えておくといいです。「fail」は、本来の機能を果たしていない、
 という意味があります。

----------------
理系用語メモ

・スタチンの詳細は、
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%81%E3%83%B3

 血液中のコリステロールを低下させる薬の総称なので、
 複数形になっています。

---------------------
編集後記

先日ご紹介しました、ブレア氏の自伝にある話について、
さかくら様からコメントをブログにいただきました。
ありがとうございます。

http://teaenglish.seesaa.net/article/162173705.html

理系英語ブログでは、コメントは承認制になっております。
web上に反映されるまで数日かかる場合もありますが、
必ず読みますので、よろしくお願いいたします。
posted by ティー at 20:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | 英語表現

2010年09月15日

117. 薬を飲む

皆さん、こんにちは。理系英語のティーです。

今日は、薬をずっと飲んでいる場合にどう表現するかを
学びます。

出典は、前回と同じく、Cathrine Elton,
"The Prescription Gender Gap" (薬の男女差),
Time, March 29, 2010, pp32-33 です。
http://www.time.com/time/magazine/article/0,9171,1973295,00.html

---------------
今日の英文

Meanwhile, women on Cretor were more likely to develop
diabetes compared with those getting a placebo --
a result not seen in men.

---------------
訳例

一方で、クレトールを飲んでいる女性は、
プラシーボ(クレトールの入っていない偽薬)を
飲んでいる女性に比べて、糖尿病になる確率が高い。
男性の場合はこの結果は得られない。

---------------
単語の意味

meanwhile その間に、一方
Cretor 薬の名前
likely to ○○しそうだ
develop 発達させる。
diabetes 糖尿病
compare 比較する
placebo プラシーボ(有効成分がない)、偽薬
result 結果

---------------
発音メモ

placeboの発音記号はたとえば、
http://dictionary.goo.ne.jp/leaf/ej3/64263/m1u/placebo/
にある。

アクセントは「ce」にある。読み方は「プラスィーボウ」。

-----------------
単語メモ

・「placebo」は、外見は普通の薬だが、薬の成分は入っていない。
 本物の薬とプラシーボで効果を比較する時に使う。
 薬を飲んだという安心感で病気がよくなることもあるので、
 その効果を差し引くためである。
 Wikipedia
 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%81%BD%E8%96%AC
----------------
表現メモ

・onの用法
  「women on Cretor(クレトールを飲んでいる女性)」の
  前置詞「on」は、食べ物や飲み物、薬や麻薬を常用する時に使う、
  「依存のon」です。ダイエットにも使います。
     She is on a diet. 彼女はダイエットをしている。
  薬を1回しか飲まない場合は「on」は使いません。

---------------
編集後記

日曜夕方に、日経ビジネスアソシエの手帳特集の取材がありました。

私の直前の方は、超整理手帳に自作の記入用紙を貼り付けてられました。

皆さんのカスタマイズの方法が楽しみですね。

もし私の手帳の写真が掲載されたら、またお知らせします。

では♪
posted by ティー at 07:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | 英語表現

2010年09月11日

116.副作用

皆さん、こんにちは。理系英語のティーです。

今日は、スタチンという薬にどんな副作用があるのかを学びます。

出典は、前回と同じく、Catherine Elton,
"The Prescription Gender Gap" (薬の男女差),
Time, March 29, 2010, pp32-33 です。
http://www.time.com/time/magazine/article/0,9171,1973295,00.html

---------------
今日の英文

What's more, there's evidence that women are more
likely than men to suffer some of the drugs'
serious side effects, which can include memory loss,
muscle pains and diabetes.

---------------
訳例

さらに、女性は男性よりも、その薬(スタチン)から
強い副作用を受けやすいという証拠もある。
副作用には、物忘れ、筋肉の痛み、糖尿病もある。

---------------
単語の意味

what's more おまけに、その上
evidence 証拠
likely ○○しそうな
suffer 経験する、受ける
drug 薬
side effect 副作用
memory 記憶
loss 損失
muscle 筋肉
pain 痛み
diabetes 糖尿病

------------------
表現メモ

・冒頭の「What's more」は、前の文章を受けて、
 「さらに」と強める時に便利です。

・動詞「include(含む)」も使える動詞です。
 「A includes B. (AはBを含む)」という風に、
 直接目的語をとります。
 includeの逆は「exclude(除外する)」です。
 
------------------
編集後記

昨日電車の中でTimeを読んでいて、
トニー・ブレア氏(英国の元首相)の自伝の抜粋を見つけました。
ブログに少し書きましたので、ご興味のある方はどうぞ。
http://teaenglish.seesaa.net/article/162173705.html

ブレア氏は10年も首相を務めたそうです。
1年か2年で交代する日本の首相とはだいぶ違いますね。

では♪
posted by ティー at 16:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | 英語表現

2010年09月10日

ブレア氏の自伝から。

英国の首相だったトニー・ブレア氏が自伝を出すらしい。

本の中から、アメリカに関する記述が少しだけTime誌に紹介されていた。
(Time, Sep.13, 2010, pp32-35)


ブレア氏のアメリカの友人の話。

その友人はユダヤ人。両親はナチスに追われて
ヨーロッパからアメリカに逃げてきた。

父親は早く亡くなり、母親が一生懸命、息子を育てる。

彼は成功してお金持ちになる。

「お母さん、外国に旅行しよう」と誘うのだが、
母親はなぜかアメリカの外に出たがらない。

彼の母親が亡くなった後、残された金庫を開けてみる。

金庫の中には、宝石の他に箱が1つ。

鍵が見つからないので、こじあけてもらった。

「一番大事な宝石が入っているのだろう」と思って、
中を開けると、封筒が入っている。

封筒の中には、紙が1枚。

それは、アメリカ市民権の書類。

彼のお母さんが何よりも大事にしていたものは、
ナチスに追われることのない、アメリカの市民権だった。


さて、あなたが大事にしているものは何だろうか。

金庫に入る物かもしれないし、入らない物かもしれない。


そんなことを考えさせる記事でした。

ブレア氏の自伝、ぜひ買って読もうと思います。
posted by ティー at 21:37 | Comment(2) | TrackBack(0) | エッセー
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。