2010年09月11日

116.副作用

皆さん、こんにちは。理系英語のティーです。

今日は、スタチンという薬にどんな副作用があるのかを学びます。

出典は、前回と同じく、Catherine Elton,
"The Prescription Gender Gap" (薬の男女差),
Time, March 29, 2010, pp32-33 です。
http://www.time.com/time/magazine/article/0,9171,1973295,00.html

---------------
今日の英文

What's more, there's evidence that women are more
likely than men to suffer some of the drugs'
serious side effects, which can include memory loss,
muscle pains and diabetes.

---------------
訳例

さらに、女性は男性よりも、その薬(スタチン)から
強い副作用を受けやすいという証拠もある。
副作用には、物忘れ、筋肉の痛み、糖尿病もある。

---------------
単語の意味

what's more おまけに、その上
evidence 証拠
likely ○○しそうな
suffer 経験する、受ける
drug 薬
side effect 副作用
memory 記憶
loss 損失
muscle 筋肉
pain 痛み
diabetes 糖尿病

------------------
表現メモ

・冒頭の「What's more」は、前の文章を受けて、
 「さらに」と強める時に便利です。

・動詞「include(含む)」も使える動詞です。
 「A includes B. (AはBを含む)」という風に、
 直接目的語をとります。
 includeの逆は「exclude(除外する)」です。
 
------------------
編集後記

昨日電車の中でTimeを読んでいて、
トニー・ブレア氏(英国の元首相)の自伝の抜粋を見つけました。
ブログに少し書きましたので、ご興味のある方はどうぞ。
http://teaenglish.seesaa.net/article/162173705.html

ブレア氏は10年も首相を務めたそうです。
1年か2年で交代する日本の首相とはだいぶ違いますね。

では♪
posted by ティー at 16:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | 英語表現
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。