2011年03月27日

124. 太陽系外惑星を探す第3の方法

皆さん、こんにちは。理系英語のティーです。

今回は「重力マイクロレンズ」と言われる、
太陽系外惑星を探す方法について勉強します。

出典は、前回と同じく、M. D. Lemonick, "Is Anybody Out There?"
(誰かそこにいる?)です。
http://www.time.com/time/magazine/article/0,9171,2028077,00.html

---------
今日の英文

A final approach, gravitational micro-lensing,
involves analyzing how light from one star
is bent as it travels around a planet
orbiting another star closer to Earth.

-------------
訳例

最後の方法は、重力マイクロレンズ効果と呼ばれ、
ある恒星からの光が、地球により近い別の恒星の
周りを回っている惑星の近くで
どのように曲げられるかを解析する方法である。

--------------
単語の意味

final 最後の
approach 方法、取り組み方
gravitational 重力の
micro 微小の、拡大の
lens 撮影する
involve 伴う、必要とする
analyze 分析する
light 光
star 星、恒星
bent bend(曲げる)の過去分詞
travel 旅行する、進む
around まわりに
planet 惑星
orbit (星などの)周囲を軌道を描いて回る
Earth 地球

---------------
英語メモ

・最後の行にある動詞orbitはこの文では
 直接目的語を使っています。
 「A planet orbits another star.」で、
 「惑星は他の星のまわりを回っている」という意味です。
 orbitは、名詞としては「軌道」という意味になります。

・最初の行の「final approach」は、この記事では、
 「これまで述べてきた2つの方法の他、第3の方法は」
 という意味です。

--------------
表現メモ

・「第2の」「第3の」と順番に例示する表現は役立ちそうです。
 前回の英文で「Another method, known as transiting, occurs when 」、
 今回は「A final approach, gravitational micro-lensing, involves」
 という風に、second, thirdを使わない表現になっています。
 さすがTimeですね。

--------------
物理メモ

・重力マイクロレンズ効果については、例えば
http://www.amigo2.ne.jp/~s_mouse/infexpl/gmcrlns.html

--------------
編集後記

カリスマ同時通訳者の関谷英里子さんが
えいごのつぼ」を出版されました。

英語の勉強方法が書いてあります。
p.21には、「自分の仕事に関係ある、あるいは、
自分の興味がある分野の英字新聞記事を読んでみましょう」
とありました。

この理系英語メルマガの読者の皆様は、
理系の内容に興味があって
このメルマガを購読されているので、
まさに実践していることになりますね。

p.93には、「pleaseを使いすぎない」点が書かれていて、
なるほどと思いました。

ヒントが満載のこの本は、英語を勉強している全ての方に
役立つ本です。お勧めです。

posted by ティー at 07:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | 英語表現

2011年03月21日

123. 太陽系外惑星を探す第2の方法

皆さん、こんにちは。理系英語のティーです。

今回は、太陽系外惑星を探す第2の方法について学びます。

出典は、前回と同じく、M. D. Lemonick, "Is Anybody Out There?"
(誰かそこにいる?)です。
http://www.time.com/time/magazine/article/0,9171,2028077,00.html

---------
今日の英文

(1) Another method, known as transiting, occurs when a planet
passes in front of its star, blocking a tiny bit of the light
the star emits.

(2) By measuring the dimming, astronomers can calculate how large
the blocking object is.

---------
和訳例

(1) トランジット法として知られる別の方法は、
 惑星が恒星の前を通る時に、恒星の出す光を
 ほんの少しさえぎる現象を使っている。

(2) 天文学者たちは、恒星の減光を測定すれば、
 さえぎっている物体の大きさを計算できる。

---------
単語の意味

method 方法
transit 横切る、通過する
occur 起こる
planet 惑星
pass 通過する
in front of ○○の前を
star 星、恒星
block さえぎる
tiny  小さい
bit 小片 a bit of で「少量の」
light 光
emit 放射する

measure 測定する
dim 曇る、かすむ
astronomer 天文学者
calculate 計算する
object 物体

----------------
内容メモ

・太陽系外惑星を見つける方法の1つ、トランジット法は
 食検出法とも言います。(食は「日食」の「食」です。)
 詳細はWikipediaの太陽系外惑星をどうぞ。
  http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%AA%E9%99%BD%E7%B3%BB%E5%A4%96%E6%83%91%E6%98%9F
 あるいは、
 http://www.astroarts.co.jp/hoshinavi/magazine/extrasolarplanet/planet2/page2-j.html

---------------
編集後記

地震で被害を受けた皆様にお見舞い申し上げます。

地震直後はメール流通量を減らした方がいいかと思って
メルマガ発信を控えておりましたが、
そろそろ大丈夫そうなので、発行します。

テレビの津波の映像を見すぎて調子が悪くなった方も
いらっしゃるようです。
テレビは切って、読書や英語の勉強をするのも
いいかもしれませんね。

では♪

------------------
posted by ティー at 11:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | 英語表現

2011年03月03日

122. 惑星の質量を求める

皆さん、こんにちは。理系英語のティーです。

今回は構文が少し難しい文です。
1つめの文の骨子はどこか、考えてみて下さい。

出典は、前回と同じく、M. D. Lemonick, "Is Anybody Out There?"
(誰かそこにいる?)です。
http://www.time.com/time/magazine/article/0,9171,2028077,00.html

---------
今日の英文

Instead, scientists must use the back-and-forth gravitational
wobbles, or radial velocity, a planet imposes on its parent star
to infer its existence.
Measure the movement and you can determine its mass.

---------
和訳例

その代わり科学者たちは、惑星の存在を示すために、
惑星が親星に与える重力による前後の揺らぎ
つまり半径方向の速度を使う必要がある。
その動きを測定すれば、惑星の質量がわかる。

---------
単語の意味

instead その代わりに
scientist 科学者
back and forth 前後に
gravitational 重力の
wobble 揺れ、ぐらつき
radial 放射状の、半径方向の
velocity 速度
planet 惑星
impose 負わせる
parent star 親星(となる恒星)
infer 意味する、示唆する
existence 存在
measure 測定する
movement 運動、動き
determine 決める
mass 質量

-----------
英語メモ

impose(負わせる)は、「impose A on B (BにAを負わせる)」という風に
前置詞「on」を使って、負わせる相手を指定します。

この文では、「a planet imposes gravitational wobble on its parent star」
なので、A=gravitational wobble(, or radial velocity),
B=its parent star です。

-------------
構文メモ

最初の文の骨組みは、「Scientist must use wobbles」です。
「a planet imposes on its parent star」の前に「which」が
略されていると考えるとわかりやすいです。

2つめの文は「命令文(A), and 文(B)」で、
「AをすればBができる」という意味です。

-----------
内容メモ

今日の英文に書かれている方法は、
「アストロメトリ法」と言うようです。
http://www.geocities.jp/astro_journal/esp/how
恒星が惑星によってふらつく大きさを測定して、
惑星の質量を計算します。

他の方法については次回以降に勉強します。

--------------
編集後記

シンポジウムのため、アメリカのジョージア州に来ています。
アトランタの空港で乗り継ぎ便を待っていたら、
隣の席の女性が話しかけてきました。
お嬢さんが1人、お孫さんが2人いらっしゃるとか。

飛行機を降りた後、ホテルまでその方が車で
送って下さりました。
20分ほどのドライブ、楽しかったです。

バスもない地方の小さい空港なので、
タクシーに電話するしかないと思っていた所で、
助かりました。親切な方に感謝です。

-----------------

posted by ティー at 22:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | 英語表現
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。