2012年07月29日

148. 天文学の成果

皆さん、こんにちは。理系英語のティーです。

今日は、天文学の研究によって生まれた発明について
勉強します。

出典は、前回と同じく

Alex Perry, Africa's Eye on the Sky,
Time, Jan. 31, 2012.

-------------------
今日の英文

Wi-fi and digital cameras are among products
originally developed by astronomers.

-------------------
和訳例

無線LANやデジカメは、初めは天文学者によって
開発された製品である。

-------------------
単語の意味

wi-fi 無線LAN (wireless fidelityの略)
digital camera デジカメ
product 製品
originally 初めは
develop 開発する
astronomer 天文学者

-------------------
表現メモ

・「originally」は、「初めは、元々は」という意味の
 副詞です。「first」と言うよりも、スマートですね。

-------------------
内容メモ

・wi-fiは、元々は、機器相互で無線LANにつなげる
 ことを示すために、アメリカの業界団体が認証した
 名前。wireless fidelityの略。

 詳細は、 http://ja.wikipedia.org/wiki/Wi-Fi

・wi-fiは、1990年代にオーストラリアの
 電波天文学者たちが、銀河からの雑音を除く技術を
 開発している時に、できたそうです。
http://www.theregister.co.uk/2012/06/15/wlan_csiro_team_awarded/

・デジカメを最初に発明した人が誰か、
 ネット上ではあまり詳しい説明は見つからないのですが、
 1935年、フランスの天文学者Allemandさん
 だという記述もあります。
http://www.scribd.com/doc/6715280/Photographic-Plates-vs-CCD-in-Astronomy
http://okwave.jp/qa/q3851219.html

-------------------
編集後記

毎日暑い日が続きますね。

我が家はマンションの10階なので、
3方向の窓やドアを開けておくと
風通しがよいです。

1つ問題があって、台所のガス火にも
風が来て、火が安定せず、熱効率が悪いです。

そこで、火にかけている鍋の近くに、
別の大鍋を置いた所、少しましになりました。

元気な1日をお過ごし下さい。

-----------------------------
posted by ティー at 05:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 英語表現

2012年07月25日

147.最初の元素

皆さん、こんにちは。理系英語のティーです。

今日は、最初の元素である水素の生成について学びます。

出典は、前回と同じく

Alex Perry, Africa's Eye on the Sky,
Time, Jan. 31, 2012.

-------------------
今日の英文

But they get no further. Why?
Because the Big Bang was extremely hot,
and only after around 400,000 years
did it cool enough to allow protons
and neutrons to form into atoms,
most important, hydrogen -- the first element.

-------------------
和訳例

しかし、もっと遠くはわからない。なぜか。
ビッグバンは非常に温度が高かった。
その後、約40万年たってやっと温度が十分下がり、
陽子や中性子が原子を作ることができた。
そして、最も重要な、最初の元素である
水素ができた。

-------------------
単語の意味

further さらに遠くに
Big Bang ビッグバン
extremely 極度に
cool 冷える
allow させる
proton 陽子
neutron 中性子
hydrogen 水素

-------------------
表現メモ

・「Why? Because..」という言い方は、
話しかける感じなので、講演や本で使えそうですね。
論文では、もう少し硬く書きます。

・「it cooled enough to allow ○○ to ○○.」も
使えそうです。「Protons and neutrons formed into
atoms, because it cooled enough.」と言うよりも、
この文章のように「allow」を使った方がスマートです。

・「very hot」と言わずに「extremely hot」と言うと
 理系ぽい表現になりますね。

-------------------
内容メモ

元素ができる様子は、たとえば、
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%85%83%E7%B4%A0%E5%90%88%E6%88%90

に詳しい。

-------------------
編集後記

・兼子ただしさんの『強く生きる「ドS」55の言葉』を
読みました。
  
著者は、ストレッチ専門店を経営して成功されています。
全国の子供たちの姿勢をよくしたいと考え、
そのためにまず大人の姿勢をよくする活動をされています。
姿勢をよくすると、うつ病になりにくいそうです。
元気の出る本です。

-----------------------------
posted by ティー at 05:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | 英語表現

2012年07月21日

146.135億年前の光

皆さん、こんにちは。理系英語のティーです。

今日は、時間や距離の副詞を勉強します。

出典は、前回と同じく

Alex Perry, Africa's Eye on the Sky,
Time, Jan. 31, 2012.

-------------------
今日の英文

Astronomers can already see back 13.5 billion
years, about 400,000 years after the Big Bang,
by looking at light very far away -- and, therefore,
very long ago.
-------------------
和訳例

天文学者たちは既に、非常に遠く、したがってかなり昔の
光を見ることによって、135億年昔、
つまりビッグバンの40万年後を見ることができる。

-------------------
単語の意味

astronomer 天文学者
billion 10億
Big Bang (宇宙の)大爆発、ビッグバン
light 光
far away 遠くに
therefore ゆえに
long ago 遠い昔

-------------------
表現メモ

・今回の文章は、距離や時間に関する副詞表現が
 出てきます。時間に関しては、
 「see back 13.5 billion years」
 「about 400,000 years after Big Bang]
 「very long ago」
 距離に関しては「very far away」です。

-------------------
内容メモ

・「ビッグバン」とは、現在の宇宙の膨張が始まった
 瞬間を指す。

詳細は、
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%93%E3%83%83%E3%82%B0%E3%83%90%E3%83%B3

-------------------
編集後記

最近、「Accidental Genius」という本を読んでいます。

どんどん書くことによって、いい考えが生まれてくる、
という手法です。

英文が読みやすくてお勧めです。

-----------------------------
posted by ティー at 05:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | 英語表現

2012年07月18日

145. 宇宙の膨張

皆さん、こんにちは。理系英語のティーです。

今日は、ダークマターとダークエネルギーの
違いについて勉強します。

出典は、前回と同じく

Alex Perry, Africa's Eye on the Sky,
Time, Jan. 31, 2012.

-------------------
今日の英文

Dark matter is constantly working to
hold the universe together.

Dark energy is pulling the universe apart.

Since the universe is expanding,
dark energy is apparently winning.

-------------------
和訳例

ダークマターは、宇宙を保持させるように
常に働いている。

ダークエネルギーは、宇宙を引き離そうとしている。

宇宙は膨張しているので、明らかに
ダークエネルギーが勝っている。

-------------------
単語の意味

dark matter 暗黒物質、ダークマター
constantly 常に、絶えず
hold together 結合させる、一緒にしておく。
universe 宇宙
dark energy 暗黒エネルギー、ダークエネルギー
pull apart 引き離す ばらばらにする
expand 膨張する
apparently 明らかに
win 勝つ

-------------------
表現メモ

・「constantly」は「always」よりも、
 サイエンスらしい言葉です。

・「apparently(明らかに)」も
 使えそうな副詞です。

・動詞「hold together(保持する)」と
 「pull apart(引き離す)」は、
 ちょうど逆の意味ですね。
 まとめて覚えておきましょう。


-------------------
本のご紹介

坂田公太郎さんのご著書、
驚くほど成長する仕組み」と
あなたのモチベーションを爆発的に
引き出す7つのチカラ
」を読みました。

坂田さんは、居酒屋経営、1年のニート生活を経て、
就職活動を開始されました。受けた会社数社の全部から
内定のお返事をもらわれたそうです。すごいですね。

就職のためのセミナーでも、講師の方のお話を
しっかり聞いて質問、お話をするうちに、
「うちの会社に来ないか」と誘われたそうです。

そんな坂田さんの前向きな生き方、参考になります。

就職活動、転職活動がうまくいかなくて
困っている人にも役立つ本です。

-------------------
編集後記

連休はいかがでしたか。

私は東京にずっといました。
連休中は電車がすいていて、快適ですね。

元気な1日をお過ごし下さい。

-----------------------------
posted by ティー at 05:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | 英語表現

2012年07月15日

144. ダークマター

皆さん、こんにちは。理系英語のティーです。

今日は、ダークマターについて学びます。

出典は、前回と同じく

Alex Perry, Africa's Eye on the Sky,
Time, Jan. 31, 2012.

-------------------
今日の英文

Dark matter accounts for 23 % to 30%;
dark energy makes up the rest.
(Dark is the scientific term for
"nobody knows what it is.")

-------------------
和訳例

ダークマターは23%から30%を占めている。
ダークエネルギーが残りである。
(「ダーク」とは、「何であるか、誰も知らない」
という意味の科学用語である。)

-------------------
単語の意味

dark matter ダークマター、暗黒物質(内容メモ参照)
account for ○○の説明となる、○○の原因である。
dark energy ダークエネルギー(内容メモ参照)
make up (不足を)埋め合わせる、(補って)完全にする。
rest 残り
scientific 科学の
term 用語

-------------------
文脈メモ

この前の部分で、
「宇宙の4%だけが、普通の物質」という話が
あるので、この文は残りの96%の説明に
なっています。

-------------------
表現メモ

・「account for」は覚えておくと便利そうな表現です。
 割合を説明する時、「Dark matter is 30%.」というふうに、
 be動詞を使いがちですが、be動詞以外の動詞も使えるように
 しておくと、表現の幅が広がります。

-------------------
内容メモ

ダークマターは、宇宙にある物質で、
光を出さず、光を反射しないので、
観測にかからず、正体不明である。

ダークエネルギーも正体はわかっていないが、
お互いに反発するため、宇宙を膨張させる。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9A%97%E9%BB%92%E7%89%A9%E8%B3%AA
-------------------
編集後記

だいぶ暑くなってきました。

元気にお過ごし下さい。

-----------------------------
posted by ティー at 17:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | 英語表現
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。