2012年07月25日

147.最初の元素

皆さん、こんにちは。理系英語のティーです。

今日は、最初の元素である水素の生成について学びます。

出典は、前回と同じく

Alex Perry, Africa's Eye on the Sky,
Time, Jan. 31, 2012.

-------------------
今日の英文

But they get no further. Why?
Because the Big Bang was extremely hot,
and only after around 400,000 years
did it cool enough to allow protons
and neutrons to form into atoms,
most important, hydrogen -- the first element.

-------------------
和訳例

しかし、もっと遠くはわからない。なぜか。
ビッグバンは非常に温度が高かった。
その後、約40万年たってやっと温度が十分下がり、
陽子や中性子が原子を作ることができた。
そして、最も重要な、最初の元素である
水素ができた。

-------------------
単語の意味

further さらに遠くに
Big Bang ビッグバン
extremely 極度に
cool 冷える
allow させる
proton 陽子
neutron 中性子
hydrogen 水素

-------------------
表現メモ

・「Why? Because..」という言い方は、
話しかける感じなので、講演や本で使えそうですね。
論文では、もう少し硬く書きます。

・「it cooled enough to allow ○○ to ○○.」も
使えそうです。「Protons and neutrons formed into
atoms, because it cooled enough.」と言うよりも、
この文章のように「allow」を使った方がスマートです。

・「very hot」と言わずに「extremely hot」と言うと
 理系ぽい表現になりますね。

-------------------
内容メモ

元素ができる様子は、たとえば、
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%85%83%E7%B4%A0%E5%90%88%E6%88%90

に詳しい。

-------------------
編集後記

・兼子ただしさんの『強く生きる「ドS」55の言葉』を
読みました。
  
著者は、ストレッチ専門店を経営して成功されています。
全国の子供たちの姿勢をよくしたいと考え、
そのためにまず大人の姿勢をよくする活動をされています。
姿勢をよくすると、うつ病になりにくいそうです。
元気の出る本です。

-----------------------------
posted by ティー at 05:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | 英語表現
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。