2009年01月22日

1. 発見

研究や調査でわかったことを述べる時に、
動詞「find」が便利です。

今日は、Time (Jan 19, 2009)の
「Minds on the Edge」という記事から。
第4パラグラフ冒頭です。

A 2008 study of nearly 35,000 adults
in the Journal of Clinical Psychiatry
found that 5.9% had been
given a BPD diagnosis.
(BPD: borderline personality disorder)

使える構文
  Study of ○○ found that [ ].
  ○○の調査(研究)により、[ ]がわかった。

  似た形
   We found that [ ].
   [ ] であることがわかった。

英文理解のメモ

・foundは、動詞findの過去形。
・had been given は時制の一致。

単語

・borderline personality disorder 境界性人格障害
・diagnosis 診断
・psychiatry 精神医学
・clinical 臨床の

訳例

 Journal of Clinical Psychiatry(臨床精神医学ジャーナル)
 にある3万5千人近い成人に対する2008年の調査によると、
 5.9%がBPD (境界性人格障害)の診断を受けた。

記事の紹介
 この「Minds on the Edge」という記事は、
 境界性人格障害とは何か、どういう対処法があるか、成功例などを
 専門外の人にもわかりやすく説明してます。
 ご興味のある方は、Timeを購読してみて下さい。
posted by ティー at 21:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | 英語表現
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/113065919

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。