2009年01月23日

2. 対比

今回は比較の表現を2種類です。
同じような意味でも、何通りか英語を知っていると、
表現の幅が広がります。

出典は前回と同じく、
Time (Jan 19, 2009)の
「Minds on the Edge」です。

(1) As many as 75% hurt themselves,
and approximately 10% commit suicide
-- an extraordinary high rate
(by comparison, the suicide rate for
mood disorder is about 6%).

(2) In contrast, clinicians diagnose
bipolar disorder and schizophrenia
in about 1% of the population.

英語表現メモ

・比較をする表現が2種類出てきます。
 (1) では、by comparison、
 (2) では In contrast を使っています。
  どちらも「対比してみると、比較してみると」という意味です。

・「大体」の表現も2種類出てきます。
   approximately
about

・「こんなに多い」という時に、
  「as many as」を(1)で使っています。

単語

・suicide 自殺
・mood disorder 気分障害
・bipolar disorder 双極性障害(以前は躁鬱病と呼んだ。)
・schizophrenia 精神分裂病
・clinician 臨床医
・population 人口

訳例

(1) (境界性人格障害の)75%が自傷行為に及び、
 約10%が自殺する。これは極めて高い率である。
 (一方、気分障害では自殺率は6%である。)

(2) それ(他の病気の発生率)に対して、
 双極性障害や精神分裂病だと臨床医が診断するのは、
 人口の約1%である。
posted by ティー at 21:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | 英語表現
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/113066318

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。