2009年01月26日

5.It is ○○ to 動詞、の構文

今日は、高校の英語で習った、
「It is ○○ to 動詞」の構文の例を見ます。

出典は、前回と同じく、Time (Jan 19, 2009) の
Minds on the Edgeです。

例文
(1)In a world so uncertain, maybe it's natural
to lose one's emotional skin.

(2) It's too soon to tell if that's the case.

(3) It's important to note that Linehan doesn't just
practice tough love with her patients


表現メモ
・試験の時は、省略しない形で書いた方がいいです。
  (It's、that's など)

単語
・patient 患者

訳例
(1)このような不確かな世界では、
  感情の皮膚を失うのも、
  自然なことなのかもしれない。

(2) 本当にそうなのか述べるのはまだ早い。

(3) Linehanさんは患者に対して、単に厳しい愛を
  実行しているだけではない、という点が重要だ。
タグ:文法
posted by ティー at 22:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | 英語表現
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/113213799

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。