2009年01月27日

6.増加と減少

数学では増加はincrease、減少はdecreaseです。

日常用語としては、riseとfallをよく使います。
increaseよりは、riseの方が勢いがある感じです。
他には、growやdeclineもあります。

riseに感情がこもった例としては、
「Rise and Fall of the Roman Empire」
(ローマ帝国の盛衰)という風な使い方もあります。
この場合は、increaseで置き換えることはできません。

今回は、増加という意味のriseを名詞として使う例を
2つご紹介します。

出典は、前回と同じく、Time (Jan 19, 2009) の
Minds on the Edgeです。

例文

(1) The rise in borderline diagnosis may
illustrate something about our particular
historical moment.

(2)And yet diagnosis of the condition
appears to be on the rise.


表現メモ

・appear to be は「○○のようだ」。appearを
 seemで置き換えてもよい。

単語
・diagnosis 診断

訳例
(1)境界性人格障害の診断が増加しているのは、
 現在の歴史的瞬間の何かを示しているのかもしれない。

(2)しかし、この症状の診断は、
 増加しているように思われる。
posted by ティー at 19:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | 英語表現
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/113255134

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。