2009年01月28日

7. 年代の前置詞

今日は時の前置詞を扱います。

まずは中学や高校の英語の復習です。
かっこの中に適当な前置詞を入れて下さい。

1.The seminar will start ( ) 3 pm.

2.The conference will start ( ) July 15.

3.The conference was held ( ) August.

4.I was born ( ) 1990.

解答はこの記事の最後に入れてあります。
前置詞の語感も説明してあります。

では、「○○年代」と言う時は、どんな前置詞を使うのか、
例文を見てみます。

出典は前回と同じく、Time (Jan 19, 2009) の
Minds on the Edgeです。

(1) In the '90s, after serotonin manipulating drugs
were released and so many patients were listening
to Prozac, thousands of news stories suggested,
incorrectly, that the problem of chronic depression
had been finally solved.

(2) During the '60s and '70s, an age of suspicion
and Watergate, schizophrenics of the One Flew
over the Cuckoo's Nest sort captured the imagination
-- mental patients as paranoid heros.

表現のメモ

・「○○年代」は前置詞inやduringを使っています。

・(1)のhad been は時制の一致。

単語

・serotonin セロトニン (脳内の神経伝達物質の1つ)
・Prozac プロザック (抗うつ剤)
・schizophrenic 精神分裂症患者
・paranoid 偏執症の

訳例

(1)1990年代には、セロトニンを使った薬が出て、
 多くの患者がプロザックを使うようになった。
 重症のうつの問題がついに解決できたという
 間違ったニュースが流れていた。

(2)1960年代と1970年代は、疑いとウォーターゲートの時代であり、
 映画「カッコーの巣の上で」のような精神分裂症患者が
 人々の想像力をかき立て、
 精神病の患者を、偏執的な英雄と見るようになった。

--------------------------------
冒頭の問題の解答

1.The seminar will start (at) 3 pm.

2.The conference will start (on) July 15.

3.The conference was held (in) August.

4.I was born (in) 1990.

前置詞の語感

・時間でも場所でも、atはピンポイント、
 onはatよりは広いけれど、接触の感覚、
 inは広い範囲です。

 高校生の頃、「奇跡の英熟語」という本にお世話になりました。
 この本の最初の方に前置詞の話が書いてあり、
 なるほどと思いました。

---------------------------------
posted by ティー at 19:46 | Comment(2) | TrackBack(0) | 英語表現
この記事へのコメント
こんばんはティーさん。
素敵なブログですね。
あさのにはさっぱりわからないのですが(汗)
でも理系の方には涙ものの情報
なのでしょうね!これからも多くの方の
ためにがんばってくださいね!
Posted by スプリンクラーあさの♪ at 2009年01月29日 16:29
スプリンクラーあさの様、

先日はプロフィールのご指導をいただき、
ありがとうございます。
励まして下さって、ありがとうございます。
あさのさんのブログにも伺いますね。

では♪
Posted by ティー at 2009年01月29日 20:29
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。