2009年01月29日

8. 傾向

今日はやや難しい単語、「propensity」です。
傾向、という意味です。

2つの使い方を見ます。

出典は前回と同じく、Time (Jan 19, 2009) の
Minds on the Edgeです。
1つの記事で、2回もpropensityが出てきます。

(1) I had a propensity to take it a little
more seriously.

(2) Patients must end the borderline propensity
for black-and-white thinking,
while realizing that some behaviors are right
and some are simply wrong.

表現メモ

・propensityの使い方は、(1)では、propensity to 動詞、
 (2)では、propensity for 名詞(または動名詞)です。

単語

・propensity 傾向

訳例

(1) 私は何でも真面目にとらえる傾向があった。

(2) (境界性人格障害の)患者は、白黒をはっきりつける
  境界性の傾向をやめる必要がある。
  同時に、正しい振る舞いもあれば、間違った振る舞いも
  あることを認識する必要がある。
posted by ティー at 20:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 英語表現
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/113359190

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。