2009年02月03日

10.so thatの構文

こんにちは。理系英語のティーです。

読者の方から「もっと内容を易しくして」と
ご要望がありましたので、
今日は少し易しい内容です。

高校英語で勉強した、「so ○○ that 〜」の構文例です。

soを2つ入れた例がありましたので、ご紹介します。

出典はNo.9と同じく、Time (Jan 19, 2009) の
Minds on the Edgeです。

文例
Her therapy has saved so many lives and worked so well
that few criticize her today.

表現メモ

・so ○○ thatの構文です。
 soを2回使うのが、おもしろいですね。

単語
・criticize 批判する。
・therapy セラピー

訳例

彼女のセラピーが多くの命を助け、
とてもうまくいったので、
今では彼女を批判する人はほとんどいない。

コメント

・さすが、Timeの記事ですね。
 英語がとてもパワフルです。

----------------
編集後記

読者の方からメールをいただきました。

以前のブログ記事で、
「recession」を「不景気」と訳してますが、
経済用語では、正確には不景気でなく
「景気後退」とのことです。
ありがとうございます♪

読者の皆様からのご感想やコメントを楽しみにしてます。
では♪
タグ:文法
posted by ティー at 20:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | 英語表現
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。