2009年02月05日

12.比喩その3、面積を実感させる。

こんにちは。理系英語のティーです。

私が受講している、土井英司さんの出版セミナーで、
比喩のワークがありました。
難しい話でも、比喩を使うと、ぐっとわかりやすくなります。
それ以来、本を読む時も、比喩に注目するようになりました。

というわけで、今回も比喩表現です。

面積が何平方km、と言われてもぴんときませんが、
「日本の面積の3倍」などと言われると、
わかりやすいですよね。

出典は前回に続き、Time, Jan.26 2009のOut of Africaです。
サハラでの太陽エネルギーを電力に変える話です。

文例

(1) In theory, a 35,000-sq.-mi. (90,600 sq km) chunk of
the Sahara -- smaller than Portugal and a little
over 1% of its total area -- could yield
the same amount of electricity as all the world's
power plants combined.

(2) A smaller square of 6,000 sq. mi. (15,500 sq km) --
about the size of Connecticut -- could provide electricity
for Europe's 500 million people.

表現メモ

・「(電力を)供給する」を(1)では動詞「yield」、
 (2)では「provide」を使って表現しています。

・(1)で、35,000-sq.-mi. にハイフォンが2つついているのは、
 形容詞にするためです。「35,000-sq.-mi.」全体が、
 名詞chunkにかかる形容詞です。

・両方の文で、-- で囲まれた部分は挿入句です。

・(1)で「1%を少し超えた」を「a little over 1%」と表現してます。
 前置詞「over」の使い方として、覚えておくといいですね。

単語

・yield もたらす、与える。
・chunk かたまり
・area 面積
・power plant 発電所
・sq. squareの略。平方
・mi. mileの略。
  1マイルは1.6kmくらい。
  従って、1平方マイルは、1.6 x 1.6 = 2.56平方km。
・Connecticut コネクティカット州(アメリカの州)

訳例

(1) 理論的には、サハラ砂漠の1%少しの面積であり、
  ポルトガルよりも狭い、35,000平方マイル
  (90,600平方km)あれば、
  世界中の発電所と同じ量の電力を供給できる。

(2) さらに小さい、コネクティカット州程度の
  6000平方マイル(15,500平方km)の面積で、
  ヨーロッパの5億人に必要な電力を供給できる。

コメント

・面積を「ポルトガル」「コネクティカット州」と
 わかりやすく言い換えてますね。
 記事の著者は、国別、州別の面積リストと比較して
 探したのだろうか、とふと思いました。

----------------------
ブログのご紹介

出版セミナー仲間の松原一樹さんのブログを
ご紹介いたします。
http://future-strategy.biz/

早稲田・慶応・東大などの大学受験で
すごい成果を上げてられます。
とてもパワフルな方です。

「カリスマが教える偏差値29からでも
180日間で東大・早慶大に合格できる
究極の方法」
という本を書かれてます。
注文したので、読むのが楽しみです。

---------------------
編集後記

日曜に読んだ本、「ある広告人の告白」がとてもおもしろかったです。
本のメモは別のブログに入れてます。
http://teabooks.seesaa.net/article/113522303.html

この本の英文も、今後このメルマガでご紹介しようと思います。

ではまた明日♪
タグ:比喩
posted by ティー at 20:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | 英語表現
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/113727920

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。