2009年02月11日

15.作る

こんにちは。理系英語のティーです。

今回は「作る」です。

動詞「make」を使いがちですが、
「電線網を作る」場合の表現を3種類見てみます。

出典は前回に続き、Time, Jan.26 2009のOut of Africaです。

前回の文章で、太陽熱から発電した後、
どうやって電気を運ぶかが問題、
という問題提起がありました。

今回は電線網を作る話です。

(1) To use renewable sources of power,
including solar, wind and tidal,
Europe will need to build completely
new electrical grids.

(2) The next step will be to get cables
in place.

(3) Dunlop* believes it is futile to wait for
a Europe-wide program to build plants
and create a supergrid capable of
transmitting clean energy across the
continent.

(* Nicholas Dunlop, secretary general of
the London-based NGO e-Parliament.)

表現メモ

・「電線網(グリッド)を作る」を、(1)では、「build grids」
 (2)では「get cables in place」、
 (3)では、「create a supergrid」という風に、
 3つの表現、build, get in place, create
 を使って書いてます。

・「build」は(1)の他、(3)で「発電所を作る」場合にも
 使ってます。建造物を作る場合は、「build」をよく使います。
 ソフトウェアでも「構築する」という意味で
 出てくる単語ですね。
 設計図に基づき、きちんと作るイメージです。

単語

(1)
・renewable 回復できる
・power  電力
・solar  太陽の
・wind   風
・tidal   潮の、潮の干満による
・grid  格子、グリッド

(2)
・cable 電線、ケーブル

(3)
・futile 無駄な
・plant  工場、発電所
・capable of ○○できる。前置詞ofを間違えないように。
・transmit 送る
・clean energy クリーンなエネルギー
・continent 大陸
・program 計画


訳例

(1) 太陽、風力、潮力を含む、
 再生可能なエネルギー源を使うには、
 ヨーロッパはまったく新しい電線網を
 作る必要がある。

(2) 次のステップは、電線を設置することであろう。

(3) ダンロップ氏の見解によると、
 工場を建設し、大陸を横切って、クリーンなエネルギーを
 送るスーパーグリッドを作る、ヨーロッパ全体の計画が
 できるのを待っても無駄である。

-------------------
補足
 この(3)の文章の後に、以前の記事で見た、
 「少しずつやろう、レゴの方法」が続きます。
  http://teaenglish.seesaa.net/article/113680095.html

-------------------
コメント

・(1)で出てくる「潮力発電」は、潮の干満を利用した
 発電方法です。Timeの別の記事に載ってましたので、
 今後このメルマガで取り上げたいと思います。

・グリッド(格子)はいろいろな分野で出てくる言葉です。
 「グリッド・コンピューティング」は、
 複数のコンピュータをネットワークで結び、
 並列に計算させます。
posted by ティー at 20:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | 英語表現
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。