2009年02月13日

17.比喩その5:刺身

皆さん、こんにちは。理系英語のティーです。

今日は、昨日とは別の比喩表現を見てみます。

「刺身」はアメリカでも日常用語になっているようです。

記事は前回に続き、
Time, Jan. 26, 2009の「Catching the Currents」です。
潮力を利用した発電の話です。

------------------
文例

・Verdant had to spend $2 million on its New York
operation just to ensure its turbines weren't
making sashimi out of the local sea life.

-------------------
表現メモ

・make A out of B(BからAを作る)を覚えておくといいですね。
 原料を使って全然違う物を作る場合は、「make A from B」を
 使います。例えば、「make juice from apples」。

----------------------
単語

・Verdant 社名。
・million 百万
・operation  運転、作業
・ensure 確実にする、保証する
・turbine タービン

------------------------
訳例

・Verdant社は、ニューヨークの(潮力発電の)運転で、
 タービンが近くの魚を刺身にしないように、
 200万ドルを使う必要があった。

---------------------------
コメント

・「タービンが魚を刺身にする」というのは、
 具体的には、風車の羽のようなものが水中で回転する時に、
 周囲の魚を引っかけて切り、死なせてしまうようなことを
 指しているようです。

ではまた♪
タグ:比喩
posted by ティー at 23:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | 英語表現
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/114188136

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。