2009年03月16日

29. 使役動詞

皆さん、こんにちは。理系英語のティーです。

高校の英文法で、「使役動詞」が出てきました。
let, make, helpなどの後で、動詞の原型を使います。
「○○させる」という意味です。

 例: I will let him do it. 彼にやってもらおう。

サイエンスでは、「Aの作用でBが何かする」という記述が
よく出てきますので、使役動詞が大活躍です。

ではTimeの例文を見てみましょう。

出典は前回と同じ、
Time, Feb 23, 2009の「Evolving Darwin」です。

--------------
今日の英文

(1) Biologists are applying DNA sequencing technology
to natural selection, which lets them identify
the individual genetic changes that boost
reproductive successes.

(2) A number of genes help lay out the embryo's blueprint
by letting cells know where they are.

---------------
訳例

(1) 生物学者たちは、DNAシークエンシング技術を
 自然選択に適用し、生殖に成功するような遺伝子の変化を
 同定している。

(2) いくつかの遺伝子は、細胞に位置を教えることにより、
 胚の設計図を決める手助けをする。

--------------
単語メモ

(1)
biologist 生物学者
apply 応用する、適用する
sequence 並べる
technology 技術
natural selection 自然選択(淘汰)
identify 明らかにする、同定する
individual 個々の
genetic 発生の、遺伝の
boost 後押しする、増やす
reproductive 生殖の
success 成功

(2)
a number of いくつかの
lay out 設計する、配置する
embryo 胎児、胚
blueprint 青写真、詳細な計画
cell 細胞

----------------
表現メモ

・使役動詞は、(1)ではlets (them identify),
(2)ではhelp (lay out) とletting (cells know)。

・なおhelpは後ろに「to + 動詞」をとる場合もあります。
 letは必ず後ろに動詞の原型が来ます。
タグ:文法
posted by ティー at 21:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | 英語表現
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。