2010年01月12日

58. 排出量の比喩

皆さん、こんにちは。理系英語のティーです。

今日は、二酸化炭素排出量が多いことをどう表現するか、
勉強します。

出典は前回に引き続き、
Time, Nov. 30, 2009の「Keep the Jungle Alive」です。

----------------------
今日の英語

Preserve Ulu Masen, and over the next 30 years
an estimated 100 million tons of carbon are
prevented from entering the earth's atmosphere
-- the equivalent of 50 million flights
from London to Sydney.

----------------------
訳例

Ulu Masenを保護すれば、今後30年間で、
1億トンの(二酸化)炭素が地球の大気圏に入ることを防げると
予測されている -- これは、ロンドン・シドニー間の飛行、
5千万回と同じ量である。

----------------------
単語

preserve 保護する
Ulu Masen インドネシアの地名
over ○○の間
estimate 見積もる、推測する
million 100万
carbon 炭素。この文では、carbon dioxide(二酸化炭素)の略。
prevent from ○○ing ○○させない
enter 入る
earth 地球
atmosphere 大気
equivalent 同等なもの
flight 飛行
London ロンドン(イギリスの首都)
Sydney シドニー(オーストラリア東海岸の都市)

--------------------
文法メモ

・「prevent from doing」(○○するのを妨げる)は、
 受験英語でよく出てくる構文です。

・全体は、「Do this, and ..」という、「命令文, and」の構文に
 なっています。文の初めに「If we」が省略されていると考えて
 訳します。

---------------------
表現メモ

・1億トンが大量であることを示すために、
 「ロンドンからシドニーのフライトの5千万倍」
 と表現しています。

・「the equivalent of」(○○と等価な)は
 使えそうな表現です。

------------------------
編集後記

講談社インターナショナルから、
「Google英文ライティング」が出版されました。

編集者さまから贈呈いただきました。
ありがとうございます♪

仕事で英文を書く必要がある方にお勧めです。

前半がGoogleを使って正しい表現を知る方法、
後半がよい英文の書き方です。

メモをブログに入れましたので、
ご興味のある方はどうぞ。
http://teabooks.seesaa.net/article/137994727.html

---------------------------

posted by ティー at 06:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | 英語表現
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/138026917
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。