2010年02月27日

69. ラマルクの進化論

皆さん、こんにちは。理系英語のティーです。

出典は前回に続き、
John Cloud, Why Genes Aren't Destiny,
Time Jan. 18, 2010, p30-35 です。

----------------
今日の英文

Jean-Baptiste Lamarck (1744-1829) argued that
evolution could occur within a generation or two.

--------------
訳例

ジャン=バティスト・ラマルク(1744-1829)は、
1世代か2世代で進化が生じることもあると主張した。

-------------
単語

Lamarck ラマルク(フランスの生物学者・進化論者)
argue 主張する、議論する
evolution 進化
occur 起こる、生ずる
generation 世代

--------------
表現メモ

・「argue that」(主張する)は使えそうな表現です。

・動詞occurは、happenよりは少し堅めの表現です。
--------------
内容メモ

・ラマルクは、ダーウィンよりも少し前の人です。
詳しくは、
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%83%B3%EF%BC%9D%E3%83%90%E3%83%86%E3%82%A3%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%BB%E3%83%A9%E3%83%9E%E3%83%AB%E3%82%AF

--------------
編集後記

前回と前々回にご紹介しました2冊の本、
「9割受かる勉強法」と「通帳は4つに分けなさい」の
共通点は「可視化」、visualizationです。

ブログにエッセー風に書きましたので、
ご興味のある方はどうぞ。
http://teaenglish.seesaa.net/article/142245956.html
posted by ティー at 21:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | 英語表現
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/142331390
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。