2010年02月28日

70. ダーウィンの進化論

皆さん、こんにちは。理系英語のティーです。

出典は前回に続き、
John Cloud, Why Genes Aren't Destiny,
Time Jan. 18, 2010, p30-35 です。

---------------
今日の英文

In contrast, Darwin argued that evolution works
not through the fire of effort but through
cold, impartial selection.

----------------
訳例

一方、ダーウィンは、進化が
一瞬の努力で起こるのではなく、
冷静で公平な淘汰によって起こると主張した。

-----------------
単語

in contrast 対照的に、一方
Darwin ダーウィン
argue 主張する
evolution 進化
work 働く、作動する
fire 情熱、火
effort 努力
impartial 公平な
selection 選択、淘汰

-----------------
英語メモ

・後半部分は、「not through A but through B」の
形をしています。
「Aによってではなく、Bによって」という意味です。

・冒頭の「In contrast」は、この文では
「ラマルクに対して、ダーウィンは」
 という意味です。

------------------
編集後記

先日ご紹介しました「通帳は4つに分けなさい」
(亀田潤一郎著、経済界)によると、
お金を残す社長は、感情の起伏の波が穏やかだそうです。

これは、英語の勉強にも当てはまりそうです。

情熱的に何日か勉強したら、飽きてしまって
後は何もしない人は、英語力がつきません。

心静かに毎日勉強する人は英語力がアップします。

では♪

posted by ティー at 10:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | 英語表現
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/142373825
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。