2010年03月22日

76.最初が大事

皆さん、こんにちは。理系英語のティーです。

今日はエイズの治療時期について学びます。

出典は、前回に引き続き
Alice Park, The Man Who Could Beat AIDS,
(エイズを征服できるかもしれない男)
Time Feb 22, 2010 です。

------------
今日の英文

That understanding came from their breakthrough finding
that rather than sitting latent for years after infection,
as many experts believed at the time,
HIV was actively challenging the immune system from Day One.

----------
訳例

HIVは感染後に何年も潜伏していると、
当時は多くの専門家が信じていた。しかし
実際はそうではなく、感染したその日から、
HIVが免疫系を活発に攻撃するという画期的な発見があり、
そういう理解(すぐ治療する)が生まれた。

-------------
単語

understanding 理解
breakthrough 突破 解明
finding 発見
rather than むしろ、どちらかといえば
latent 潜在性の、見えない
infection 伝染、感染
expert 専門家
HIV Human Immunodeficiency Virus
  (ヒト免疫不全ウィルス)の略
actively 活発に
challenge 挑戦する
immune 免疫の

--------------
構文メモ

・余分な挿入句を省くと、基本構造は、
 「That understanding came from their finding that
HIV was challenging the immune system from Day One.」
  になります。

---------------
文法メモ

・「HIV was actively challenging」の「was」は、
 時制の一致です。

-----------
表現メモ

・「from Day One」(最初の日から)という表現は
使えそうですね。

-----------
内容メモ

・HIVの説明は、例えばWikipediaにあります。
 
・前回の記事に出てきた、「AIDS」は、Acquired Immune Deficiency Syndrome
 (後天的免疫不全症候群)の略です。
 説明は例えばこちらに

  
-----------------
posted by ティー at 07:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | 英語表現
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。