2010年04月07日

83. 植物性の油

皆さん、こんにちは。理系英語のティーです。

今日は、植物性の油について学びます。

出典は、Tim Padgett, The Trouble with Fish Oil
(魚の油の問題), Time March 15, 2010 です。

----------
今日の英文

The good news is that plant sources like flaxseed
and canola oils have one of the omega-3 fatties,
alphalinolenic acid (ALA).

-----------
訳例

フラックスシートやキャノーラ油のような植物性の材料が、
オメガ3脂肪酸の1つであるαリノレン酸(ALA)を含んでいる、
というよいニュースもある。

-----------
単語

plant 植物
source 供給源
flaxseed 亜麻仁(あまに)、フラックスシード
canola oil  キャノーラ品種由来の菜種油
    (キャノーラ油、または、カノーラ油)
fatty 脂肪酸の
alphalinolenic acid αリノレン酸

-----------
文脈メモ

この文の前に「魚だと水銀が心配。ベジタリアンの人もいる」
という文があります。
それを受けて、植物の話が出てきます。

----------
表現メモ

・「The good news is that . The bad news is that ..」
 という表現は使えそうですね。
 悪い方の話は次回見てみます。

----------
内容メモ

・フラックスシードについては、例えば
 http://allabout.co.jp/health/healthfood/closeup/CU20030604A/

・菜種油とキャノーラ油については、
 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%8F%9C%E7%A8%AE%E6%B2%B9

・αリノレン酸は、
 http://kenko.it-lab.com/info.php/51/
-----------------
編集後記

読者の方から、メールをいただきましたので、
ご本人の許可を得て、ご紹介します。

> いつも理系英語メルマガ、楽しみにしています。
>
> 突然で恐縮ですが、1つ悩んでいる「読み方」がありまして、
> レタスとかに含まれてると言われている、Lactucopicrin で悩んでいます。
> (http://en.wikipedia.org/wiki/Lactucopicrin
>
> どうもこれは「ラクチュコピクリン」と読むようなのですが
>
> 1)「化学の授業的に正しい読み方」
> 2)「英語読みすると一番近いカタカナ」
>
> は、なにが適切でしょうか?
>
> さらに、自然科学の分野でのwikipediaの信頼性についてもご教示いただければ幸いです。
> 突然のお願いで恐縮ですが、何卒よろしくお願いします(__)。
>
> ※ 食べ物の話で出てくる化学物質って結構多いですね^^;

理系英語メルマガをご購読いただき、ありがとうございます。

私の専門は物理なので、実は化学はあまり詳しくないのでした。

読者の皆さんで、上記のメールに関して情報をお持ちの方は、
tea330(at)mail.goo.ne.jpまでお知らせいただければ嬉しいです。
(at)を@に変更お願いします。

いただいたメールをメルマガでご紹介したいと思います。

よろしくお願いいたします。

-----------------
「理系英語」メルマガ
携帯アドレスも登録できるようになりました。
http://www.mag2.com/m/0000282294.html

バックナンバー: http://teaenglish.seesaa.net/
-----------------------------
posted by ティー at 22:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | 英語表現
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。