2010年04月27日

94. HP Way

皆さん、こんにちは。理系英語のティーです。

前回までアップル社の記事を勉強しましたが、
今日からは、アップルよりも地味な会社、
HPの記事を勉強します。

Kathleen Kingsbury, 「HP vs. Everybody (HP社と他社の対決)」,
Time pp 43-44, April 26, 2010です。
http://www.time.com/time/magazine/article/0,9171,1982318,00.html

----------
今日の英文

Be inconspicuous. If there's one tenet of
the legendary corporate culture known as the
HP Way that CEO Mark Hurd has mastered, that's it.

----------
訳例

HPウェイとして知られる伝説的な企業文化の中で
Mark Hurd氏がマスターした項目を1つあげるとすると、
「目立たないようにせよ」である。

------------
単語の意味

inconspicuous 目立たない
tenet 主義、教義
legendary 伝説的な
corporate 企業の
culture 文化
master マスターする、熟達する

------------
発音メモ

inconspicuous アクセントは「spi」にあります。
 「インコンスピキュアス」

legendary アクセントは最初の「le」にあります。
  「レジェンダリ」 後ろの「ダリ」はごく軽く。

-------------
内容メモ

HPの社名は、創業者のHewlettさんとPackardさんの名前から来ています。
1939年にカルフォルニアのPalo Altoのガレージから生まれました。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%92%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%83%AC%E3%83%83%E3%83%88%E3%83%BB%E3%83%91%E3%83%83%E3%82%AB%E3%83%BC%E3%83%89

-------------
雑談

大学生の頃、同級生がHP社の電卓を持っていました。
「逆ポーランド式」といって、数字と演算子(+やx)の順番が
普通と違うやり方でした。

-----------------
編集後記

「Me2.0」という自分をブランドにする本のキャンペーンが
明日28日までです。
http://www.eliesbrand.com/

「ブランド」というと、企業の名前や商品を思い浮かべがちですが、
個人もブランドになれる、という趣旨の本です。

私も注文しました。和書は届くのが5月になるようなので、
ついでに原書も注文しました。
読むのが楽しみです。

----------------------
posted by ティー at 18:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | 英語表現
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。