2010年05月25日

103 ビッグバン

皆さん、こんにちは。理系英語のティーです。

今日は、陽子衝突の実験で何がわかるかを勉強します。

出典は前回に引き続き、
Time April 12, 2010, pp 4,
"They've Had a Collision!" (衝突した!)です。

-----------------
今日の英文

The experiments are expected to reveal much about
the nature of the universe, including other dimensions,
dark matter and the Higgs boson, the particle that could
explain how energy from the Big Bang turned into mass.

-----------
訳例

その実験により、宇宙の性質、例えば、他の次元、ダークマター、
ヒッグス粒子などが、かなり解明できると期待されている。
ヒッグス粒子により、ビッグバンによるエネルギーが
どうやって質量になったかを説明できるかもしれない。

------------
単語の意味

experiment 実験
expect 予想する
reveal 示す
nature 本来の姿、性質
universe 宇宙
include 含む
dimension 次元
dark matter ダークマター、暗黒物質(内容メモ参照)
Higgs boson ヒッグス粒子(内容メモ参照)
Big Bang (宇宙創生時の)大爆発、ビッグバン(内容メモ参照)
mass 質量

------------
内容メモ

(1) ダークマターとは、宇宙の星間物質で、光学的に観測できない部分。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9A%97%E9%BB%92%E7%89%A9%E8%B3%AA
]
(2) ビッグバンは宇宙の最初期の爆発のこと。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%93%E3%83%83%E3%82%B0%E3%83%90%E3%83%B3

(3) ヒッグス粒子は、自発性対称性の破れからできる粒子
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%92%E3%83%83%E3%82%B0%E3%82%B9%E7%B2%92%E5%AD%90

(4) 「other dimension」というのは、「extra dimension(余剰次元)」のこと。
時間と空間の4次元空間の他にもう1つ空間次元があるという
理論が提唱されている。
たとえば、リサ・ランドールらの「warped extra dimension
(ワープした余剰次元)」がある。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AA%E3%82%B5%E3%83%BB%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%BC%E3%83%AB

-------------
編集後記

以前ご紹介しました、「人生で大切なことはすべて
プラスドライバーが教えてくれた」の
アマゾン・キャンペーンのお知らせです。

5/26(水)までにアマゾンで購入すると、
豪華PDFがもらえます。
http://plusdriver.jp/amazon/

台湾でも翻訳出版されるそうです。
将来はテレビドラマになるかも?
楽しみですね。

本のブログにメモを入れています。
http://teabooks.seesaa.net/article/144840298.html
posted by ティー at 08:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | 英語表現
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/151022392
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。