2012年07月21日

146.135億年前の光

皆さん、こんにちは。理系英語のティーです。

今日は、時間や距離の副詞を勉強します。

出典は、前回と同じく

Alex Perry, Africa's Eye on the Sky,
Time, Jan. 31, 2012.

-------------------
今日の英文

Astronomers can already see back 13.5 billion
years, about 400,000 years after the Big Bang,
by looking at light very far away -- and, therefore,
very long ago.
-------------------
和訳例

天文学者たちは既に、非常に遠く、したがってかなり昔の
光を見ることによって、135億年昔、
つまりビッグバンの40万年後を見ることができる。

-------------------
単語の意味

astronomer 天文学者
billion 10億
Big Bang (宇宙の)大爆発、ビッグバン
light 光
far away 遠くに
therefore ゆえに
long ago 遠い昔

-------------------
表現メモ

・今回の文章は、距離や時間に関する副詞表現が
 出てきます。時間に関しては、
 「see back 13.5 billion years」
 「about 400,000 years after Big Bang]
 「very long ago」
 距離に関しては「very far away」です。

-------------------
内容メモ

・「ビッグバン」とは、現在の宇宙の膨張が始まった
 瞬間を指す。

詳細は、
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%93%E3%83%83%E3%82%B0%E3%83%90%E3%83%B3

-------------------
編集後記

最近、「Accidental Genius」という本を読んでいます。

どんどん書くことによって、いい考えが生まれてくる、
という手法です。

英文が読みやすくてお勧めです。

-----------------------------
posted by ティー at 05:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | 英語表現
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。